カテゴリ:祭り( 48 )
徳和の天神祭
数年ぶりに徳和の天神祭へ出かけた。
夏タイヤなのでちょっと心配だったけどなんとか国道から徳和への坂を登りきった。

抜けるような青空の下、山車と御輿と徳和の上組、下組の人たちが前になり後ろになり山里の細い道を練り歩く。祭りの主役の子供たちの元気があふれた祭りだ。

と書くととてもいいお祭りだけど老人カメラマンの傍若無人ぶりには興ざめであった。辺り構わず祭りの列に入り込み撮影をし、挙げ句の果てには半纏をきた子供たちにポーズを強要する有様。それもかなりクサいポーズ・・・。あなたの孫でもなければモデルでもありません。祭りは撮影会じゃない。ボケているからマナーが守れないのか年寄りは厚かましいのかよくわからんが誰かカメラを持った老人にマナーを教えてやってくれである。




b0199522_21491857.jpg

下組元気!

b0199522_21493813.jpg

上組は子狐も登場!

b0199522_2150026.jpg

新成人ってきいたらもう過ぎたって
きれいなおねえさんは来年成人式とか
祭りに帰って来るっていいよね


b0199522_2150883.jpg

道の駅みとみの出張販売が徳和でありました
採れ初めのようですがなかなかのお味でした







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2014-01-28 21:55 | 祭り | Comments(0)
甲州小正月(2) 一ノ瀬の春駒@甘草屋敷
山田の神楽獅子のあと夜は甘草屋敷の一ノ瀬の春駒へ。
体力的には問題ないがモチベーションがもう一つとか言っていたら遅刻してしまった(汗)。
クルマを止め甘草屋敷へ向かうといるいる夜というのに人が沢山。さすが塩山駅前である。
大混雑でそうそう思うとおりに撮影させてもらえるほど甘くない厳しい状況。
カメラマンも多くて、お~いおじいちゃん前に割り込んじゃ駄目だよコールが飛ぶ。
ちなみにワタシはじ~さんではない(笑)。
何度か来たことがあるのでピンポイントで狙ってみた。なんとか目的達成か?
  
以外だったのはD600。
暗いというのにAFの合掌が早いというか精度が低いのか分からないが、大丈夫かという早いタイミングでシャッターがカシャカシャ落ちる。
帰ってきてPCで100%で画像チェックしてみるとなんとかピントが合っている。ISO1600で撮影してもD300(APS-C、12M)よりもノイズが少ない。
思ったより使えるなというのがD600に印象。でもやっぱりD610が出てショックだな。





b0199522_22223715.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2014-01-14 22:23 | 祭り | Comments(0)
体育の日 3連休 スイスポは西へ とりあえず
昨日会社でスペシャルメニューで新幹線開業当時のカツカレーというのが430円ででた。こんな美味しいカレーがビュッフェで出たとも思えないけど。そのころのコピーで ひかりは西へ というのがあったのでタイトルはそれにあやかってみた。

目的地は奈良市邑地町水越神社の秋祭り。情報が十分にとれず開催日がよくわからなかったが準備してしまったのでともかく出発。
朝5時前なのに中央道はもう昼間並の混雑。御殿場IC周辺のコンビにも満車状態でなんとかマックで朝飯購入。7時に東名に乗る。新東名に入ってもかなりの混雑。どうやら連休の人手は多そうな予感。蒲郡~岡崎で3kmの渋滞に出くわす。さらに湾岸にはいると鈴鹿F1渋滞で鈴鹿先頭に14km。絶望的だ。最悪なのはみえ川越IC出口も2km渋滞のサイン。しかたなく桑名ICで降りてしまい下道で鈴鹿ICを目指した。結果1時間10分で鈴鹿ICに到着。この混雑ぶりからはいい方か。まあF1にお伊勢参りと好天が重なったので混んで当たり前か。
神社には12寺頃到着し恐る恐る境内に入ると特に変わった様子なし。でも地元の方が食事をしていたのでおたずねするとやはり今日が宵宮。やった~。6時半に来れば良いとのこと。時間があるので奈良市内へと向かった。




b0199522_6531697.jpg

その夜この神楽殿で神事芸能が行われた









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2013-10-16 06:56 | 祭り | Comments(2)
八朔祭@都留
小浜の地蔵盆へ行った帰り汗ばんだジーンズに締め付けられたのかふくらはぎが浮腫んでエコノミー症候群的な疲れが残ってしまった週末。
確かにエコノミーカーには乗っているけれど。まあテレ東の狩野アナの田舎足ほどパンパンには浮腫んでないが。

あまりに暑いし疲れは抜けないはで八朔祭見物を断念しようと思ったがせっかく日曜日に当たったので這うがごとく死のインパール行軍のように牛歩で豚足を引きずって出かけてきた。但し撮影はこれ以上疲れたら会社へ行けなくなるのでユル撮を心がけ気合いは入れないと心に決め標準ズームを付けた1台しか持って行かないことにした。
どんな祭りかといえば生出神社の例祭で屋台巡行と大名行列が見どころか。

詳しくは

八朔祭**山梨県都留市**
http://festival.tsuru-kankou.com/?cat=3

を見てくださいませ。

じぇじぇじぇ今年の姫様は美しすぎる。いつもは一般公募で都留文の女子がなるというパターンなのだが。
後で調べたら地元出身の白須慶子さんという女優さんであった。
http://ameblo.jp/shirasu-keiko/entry-11599891088.html

どおりで笑顔がすてきだったわけである。知らなくてごめんなさい、ある。
あ~出かけてよかった。カメラも高級な方を持っていったのでよく写っていた(笑)。






b0199522_2245583.jpg

ベタなカットです(笑)




b0199522_225749.jpg

姫様きれいです!


b0199522_2251783.jpg

くるしゅうない近うよるがよい、 と農民の子供にも優しく接してくださいました








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2013-09-02 22:09 | 祭り | Comments(2)
塚越の花祭り は 後の祭り・・・に気をつけて
朝3時に起きて出かけることになった。
なんてたって祭りの出発が7時だから(汗)。
早い、それにしても早すぎる、なんで?
6時半頃着いたが特設駐車場はクルマで一杯。
どうやら遅すぎたようでいい場所はすでに多くのカメラマンで占められていた。
う~ん、やはり老人は早寝、早起きが得意技のようだ。
昨年来たら祭りは終わっていた、と言っていたカメラマンによると
場所取りで夕べからきている人もいるとか。
そこまでの熱意というか執念はないのでマネはできそうもない。
早速言い訳だが今回は祭りの様子が分かったのが収穫であった。
まあ来年以降の傾向と対策の役に立てばいいかなと、思ったり。
見に行きたい人は朝寝坊厳禁です。



b0199522_15391717.jpg


あははは、カメラマンを撮りに行ったの?
っていわれそう そんなもんです








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2013-05-04 15:40 | 祭り | Comments(2)
腰之根花笠を追っかけて のどかさ満喫 小賀野春まつり
バイパスを走っていると木立の中に桃色の花笠が見えてきた。
あの辺りが小賀神社と見当をつけてと灯台の灯りに導かれるように小鹿神社近くの駐車場に到着した。。
歩いて神社に着くと祭の始まりを待つ桜の花で飾られた花笠が静かに佇んでいた。この花笠が撮りたくて小鹿野にやってきた。
それでも神事はすでに終えたようで花笠の中には御幣と御神酒が供えられており花笠には神が宿っているようだ。
平日で祭りの本番は明日ということでヨソからの観客は少ないもののお約束?のカメラじいさんの姿がボチボチウロウロ。ワタシは有休消化でお休みですが。

11時頃になると祭りの参加者が集まり始め、花火が上がると金棒を持った7人の女の子を先頭に花笠が練り始めた。今日は地元の宮之越地区を回るとか。
神社の開所に戻ってくるのは7時。長丁場だが頼まれもしないのにお供させて頂くことにした。

山沿いの民家と田の間の細い道を練る花笠は春爛漫そのもの。
モモクロのような色とりどりの衣装に身を包んだ女の子たちにはいくつかのフォーメーションがあるようで横一列になったり丸く円を描いたりV字になったりして花笠の露払いを演じた。その都度センターが入れ替わりAKB48のようでもあった。
昼食休憩は大急ぎで小鹿野名物わらじかつ丼を食べに元祖安田屋さんへ。
'jjj’着いて驚いた。カメラマンでギッシリじゃないのw。大急ぎでかき込んで花笠に戻る。
集落のはずれのお寺で花笠を辻回し。来た道を戻る。これで花笠が順光になり撮影がしやすくなる。午後からはカメラじいさんとカメラ女子ならぬカメラ老女の数が急に増えた。負けずに撮影を続けていると日も西に傾き始めた頃、花笠が黄色い斜光線を浴び輝き始めた。はっと息を飲むドラマチックな瞬間に出会った。さらに辺りが暗くなる頃、花笠にぼんぼりが装着され昼とは雰囲気がガラッと変わった。
無灯火だと警察の許可が出ないとか。な、ワケはない。
そして明かりに照らされ幻想的な姿となった花笠は春の宵の中ゆっくりと神社に戻っていった。


063.gif当日の画像はホームページアルバムからどうぞ


b0199522_1426896.jpg

女の子の腰にはかわいいキティちゃんが
ワタクシ的にはニャンコ先生@夏目友人帳がオススメですが








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2013-05-02 14:27 | 祭り | Comments(0)
島田市 東光寺 猿舞
島田市のホームページには
”雄と雌の猿の仮面を着けた2人の子供が、楽人(音楽を奏でる人)の笛と太鼓に合わせて舞う全国的にも珍しい民族芸能。東光寺の伽藍神(地主神)である日吉神社の祭典の際に行われます。県指定無形民族文化財です。”
と実に素っ気ない紹介が載ってます(汗)。

猿は日吉神社の祭神の使いとされており、日本各地の日吉神社には猿の登場する神事芸能が知られている。ここ東光寺の猿舞の珍しいところは雄雌2匹の猿が舞うところにある。元禄年間にはすでに舞われていたようで雄雌では猿面の隈取りが異なり雄は4本、雌は3本である。舞人は東光寺地区の小学生の中から選ばれる。装束は珊瑚色の狩衣に紫の袴で御幣を担ぎ、採り物は鈴または扇であった。舞は双双の舞、扇の舞、本舞より構成される。扇の舞は1人?1匹舞で猿の滑稽なしぐさを演じる。本舞の最後には2匹の猿が倒れ込み舞が終わる。

でどうかな?

かなり複雑な舞で小学生のお子さんは相当お稽古したと思う。真剣で見事な舞でした。


画像はホームページアルバムで。



b0199522_15381674.jpg


双双の舞




b0199522_1538350.jpg


お供えといえば バ ナ ナ !




b0199522_1538918.jpg


悪意はありません。 え~っ!






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2013-04-30 15:40 | 祭り | Comments(2)
玉列神社 椿まつり 画像アップ
捨て身の望遠レンズ撮影になったので みかんこ さん のアップは
載せられません(笑)。雰囲気だけでも。


ホームページアルバムからどうぞ。



b0199522_12455560.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2013-03-30 12:46 | 祭り | Comments(0)
夜支布山口神社秋祭りの太鼓台
関東では見たことのない太鼓台について調べてみたらやはりというか関西・瀬戸内に分布しており奈良あたりが東限であると。担ぐ形態から一見神輿に見えるが担ぐ山車ではないかと思える。本来神輿はご神体が乗るのに対し太鼓台は子供や太鼓の打ち手が乗り屋根に当たる部分には何段かの布団が重ねてあり神が座す寄代であるかと。太鼓台を担いで錬り歩いたり揺すたり差し上げたりするので神輿に見えるのだろう。ということで太鼓台は神輿と山車のハイブリッドでした。



b0199522_2314771.jpg

龍田神社秋祭り宵宮の翌日夜支布山口神社秋祭りでも
太鼓台が出た神輿といっていたが本来の神輿は別に2基
出御して神社から御旅所までの練りで担がれていた。









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-21 23:02 | 祭り | Comments(2)
龍田神社秋祭り宵宮ではじめての太鼓台見物
先週末の休みに奈良へ行った。
今回の奈良は日曜日に行われる夜支布山口神社の秋祭りである。
土曜日は何も予定がなかったがせっかくだからどこかで宵宮でもやってないかと探してみたら宿から近い龍田神社の秋祭り宵宮を発見。
龍田神社といえば法隆寺建立の際の鎮守社として勧請された由緒ある神社である。
龍田神社では宵宮に太鼓台巡行が行われるとのこと。
関西では太鼓台とか布団御輿とか呼ばれポピュラーらしいのだが関東の人間にしてみればとても不思議な御輿である。関東ではお目にかかったことがない。
ご神体は祭られておらず太鼓台の屋根の部分が布団で出来ており神さんの寄代となっている。
そして子供と太鼓が台に乗ってそれを大人が担ぐ次第である。
提灯には龍田東部とあり帰ってきてから龍田東部さんの立派なホームページを見つけた。
そ~か、だから2名の腕章をつけた女子カメラマンが太鼓台巡行を激写していたんだ。
それにしても朝4時半起きで出かけてきて宿に戻ったのが夜10時というのは体力的に無謀すぎて風呂に入ったらすぐに寝てしまった。




b0199522_1494082.jpg







b0199522_1495420.jpg






b0199522_1501212.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-19 01:50 | 祭り | Comments(2)



わらってかわせみ
by quiet-one
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
貴船神社の菊花神事へ
at 2017-09-12 23:01
新型スイフトスポーツ生活(4..
at 2017-09-02 13:16
逝く夏を惜しんで 五山の送り..
at 2017-08-17 18:52
マクロレンズ買ってみたものの..
at 2017-08-13 18:43
暑いです 連れってもらいまし..
at 2017-08-11 15:31
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
最新のコメント
どうも! 小沢へ行った..
by わらってかわせみ at 23:01
境では久しぶりにお会いで..
by Makoto T at 00:41
この日は下川苔との情報を..
by 本人 山の獅子専門 at 16:08
私も行きたかったのですが..
by Makoto T at 12:51
こちらこそご無沙汰です。..
by 本人 at 14:44
ご無沙汰してます。 確..
by Makoto T at 00:21
えっ?! ご本人様だった..
by わらってかわせみ at 09:19
元気ですよ!
by mura at 14:16
中井精也カメラマンのパク..
by わらってかわせみ at 01:36
この光は美味しいですね。..
by 真野フレンズ特急 at 22:07
お気に入り
フォロー中のブログ
Good三Good三Go...
shindoのブログ
検索
カテゴリ
全体
祭り
神事
神楽
獅子舞
舞楽
歳時記
おでかけ

和菓子
日々の出来事
写真
念仏
風景
年中行事
仏教行事
人形芝居
図書
CD
買い物
スイフトスポーツ
電車
ニャンコ先生
珈琲自家焙煎
撮影
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧