カテゴリ:祭り( 48 )
新野の盆踊り 神送り 再び
伊那で おさんやり を撮影していたら10時を過ぎてしまい新野に到着したのは日付の変わる頃になってしまった。
夜も更けたせいか踊りの輪が小さくなっていた。ちょっとだけ踊りの輪を見させて頂いて神送りに備え仮眠を取ることにした。

当日の画像はホームページアルバムからどうぞ




b0199522_23275251.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-09-10 23:28 | 祭り | Comments(3)
南小河内のおさんやり 画像アップ
おさんやりには”災害をやり過ごす”という意味があるとか。
江戸時代に天竜川から取水する水灌漑用水の堰を伝って疫病が流行ったため災いを川に流そうと舟形の神輿を作り厄払い神事を行ったのが始まりとされている。
この舟形は柴舟と呼ばれ木組みの土台に楢の木で舟の外形を作り中心にはおさんやりと呼ばれる神の依代が立てられる。柴舟のおよその大きさは全長10m、高さ3mで重さは700kgにもなる。ようやく日が西に傾き始めた夕刻4時過ぎになるとこの柴舟は子供たちの曳く小さな柴舟とともに集落を練り、途中で民謡「ヨイソレ」に合わせ辻で辻踊りが行われた。
夜にいよいよクライマックスを迎え担ぎ上げた舟を地面に落とし、横倒しににした後、揺すって壊してしまう。小さく切り分けられ無病息災と安全無事の厄よけとして地区の人たちに配られた。

厄払いの形態としては
・流し雛系
・虫送り系
・山鉾巡行系
などが思い浮かぶがおさんやりを実際に見たところ祇園祭の山鉾巡航のように街を練り鉾、ここでは柴舟になるが、の神力で清め払う形態ではないかと。
伊那という山間の集落で舟形の御輿で厄を払うというのは一見意外で不思議であったが出かけたことで謎が解けたような気がした。

画像はホームページアルバム
からどうぞ




b0199522_10492190.jpg


それニコン~?とやってきた
撮ってくれ~といこうとで
あっさり撮ったのでほんとに撮ったの?
瞬撮ですよ、私くらいになると(ウソ)

土地柄精密器機の仕事が多いらしい
ニコンF100の塗装をやったと自慢しておりました






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-09-08 10:52 | 祭り | Comments(2)
今日は八坂神社祇園祭山鉾巡行
ニュースによると今年の祇園祭宵山に40万人の人出。
毎年のことだが想像を絶する。


ついでながら蛙飛びの画像アップ

吉野の蛙飛びといっても

・7日午前 大和高田 弁天池 蓮取り行事
・7日午後 金峯山寺 蓮華会 蛙飛び行事
・8日早朝 大峰山寺蓮華奉献入峯修行

という大掛かりな一連の行の一部であることが今回の吉野行きでよく分かった。
せっかく出かけるのだからもう少し下調べをしてから出かけるべきであったと反省。
修験道を知るいいきっかけになった。

画像はホームページで見てね





b0199522_0231272.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-07-17 00:23 | 祭り | Comments(2)
上原の鳥追い祭り
上原の鳥追い祭り

お正月に始まった ”夏目友人帳 肆”も来週で終わるというのにやっとお正月のお祭りの写真公開(汗)。


「鳥追い祭り」という言葉の響きに誘われて訪れたお正月の佐久上原。
この辺りには広大な水田が広がる穀倉地帯であり五郎兵衛米というブランド米を産する豊かな土地柄でである。
それが由縁の害鳥を追い払う鳥追いか。

子供が主役のこの祭りは道祖神祭りと獅子舞による悪魔払いも兼ねる盛り沢山な内容からなっている。

記録によると約200年には旧暦で鳥追いが五穀豊穣を予祝し行われていたようたが
昭和42年に保存会が発足時に現在の新暦正月に固定されたとのこと。
そして道祖神祭も兼ねるようになったと。

おんべと呼ばれる御幣を露払い子供たちとサルボボで飾られた猿田彦を乗せた屋台2基が
辻々で獅子舞を舞いながら集落を練って歩く。
下組が男屋台、上組が女屋台と言われ男屋台が女屋台を向かえに行く式次第である。

地区の人たちの絆を感じさせる鳥追い祭、寒さも吹き飛ばす都会にはない暖かさがあった。

せっかくの鳥追い祭りだから田んぼの畦も錬って歩けばいいのに、と思うのは部外者いやカメラマンの勝手な
思いか(笑)。

写真はこっち→ホームページアルバム




b0199522_2121496.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-03-20 21:21 | 祭り | Comments(2)
撮影始めは鳥追い祭
新年早々家でゴロゴロしているだけではいかんと思い近距離の撮影に出かけてきた。

鳥追いって言葉の響きが何となく心地よくて以前から気にかけていた。
まあ鳥追いといえば終わってしまった水戸黄門のお銀も鳥追いだったと思うけど。
由美かおるの入浴シーンがもう見られなくなりそれを楽しみにしていた全国のおじーちゃんファンをがっかりさせてしまったがすでに還暦越えかと思うとご苦労様でした、ですね。


鳥追い祭とは農耕社会で害鳥や害虫を追い払い五穀豊穣を祈る祭りであるとか。
今回出かけた旧浅科村上原では一般的には小正月行う道祖神祭も合わせて3日に行うというちょっと特別な鳥追い祭が行われている。

凍結が心配された八ヶ岳の東側に沿って走る早朝の141号線を慎重に抜け祭りの始まる9時には無事上原に到着。
午前中は子どもたちによる獅子舞が家々を回り悪魔払いが行われた。正午を回る頃鳥追いの開催を告げる村内放送も入りだんだん盛り上がってきた。
上原は上下の2組に分かれており今年は下組の当番とか。下組にある道祖神を出発し、上組にある諏訪神社の前の道祖神碑まで大きなおんべ(御幣)を先頭に猿田彦の幟を立てた子どもと道祖神を祭った神輿が続き、辻辻で獅子舞を行いながら練り歩いた。
上の道祖神碑に着くと今度は上の神輿と獅子とが共に来た道を下の道祖神まで戻り祭りは終わりを告げた。

上原は五郎兵衛米(コシヒカリ)で有名でそれ故の鳥追いか。”旧浅科村は長野県内でも小さな村で僅か400haの栽培面積しかない上、米の生産量も少なく、滅多に市場に流通しないため、五郎兵衛米はまさに幻の米と言われている”とのこと。お土産に3Kg買ってきた。最近地方に行くとよくその土地の米を買ってくることが多い。TPP反対とか言っているが美味しくて安全な米なら消費者はそのコストを払うのを惜しまないと思うのだけど。



b0199522_21202129.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-01-04 21:22 | 祭り | Comments(2)
春日若宮おん祭(1)
今年は東日本大震災と台風12号による吉野水害の復興を祈願して甘州と敷手が別願舞楽として奉納されるのに伴い御旅所祭の開始が例年より1時間繰り上がって1時半からとなった。え~早起きは苦手といいつ5時起きで西に向かい名神関ヶ原、栗東間で雪に出会うもなんとか正午過ぎにホテルにチェックイン。部屋にも入らず車を預けすぐさま二の鳥居へ向かった。土曜日ということもあり予想どおり影向の松の辺りは多くの人で埋め尽くされていた。それならば御旅所へと向かうがこっちはそれ以上の人出で御旅所にも近づけず。しかたないので遠巻きにブラブラ。

今年の画像はホームページアルバムで見てね。


b0199522_18441782.jpg


御旅所で社伝神楽を舞われる巫女(かんみこ)さんです
残念ながら2011はあまりの人出で拝見できませんでした

b0199522_1844774.jpg

これを田楽の方が頭に載せます
一刀彫満載で欲しいなあ









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2011-12-23 18:47 | 祭り | Comments(2)
花脊の松上げ
広河原の松上げに一度行ってみたいと思っていた。しかし休みの折り合いが付かず延び延びとなっていた。調べている内に花脊でも同様の柱松神事が行われることが分かり夏期休暇と重なったのでここぞと出かけて来た。

さらに調べると洛北では花背,広河原,久多,雲ケ畑そして小塩で松上げが行われているようだ。形態は各所で多少なりとも異なるが愛宕山への献火神事として火伏せ、五穀豊穣、家内安全等々を祈願する。

柱松神事とは三省堂 大辞林によると
七夕や盆に竹や柴草で太く高い柱を作って立て、頂上に幣(ぬさ)や榊(さかき)を挿し、これに下から火を投げあげて点火する習俗。
だそうである。

正月に「炎の神が踊る夜~京都・白洲正子が愛した火祭り~」が放送された。女優の鶴田真由さんがその本を片手に広河原を訪ねるといった内容であった。この映像を見てますます行ってみたくなった。自分もその本、かくれ里を文庫で買って読んでみた。話しの筋からいえばホントは広河原といったところではあるがまずは花脊ということで。。。

桂川の上流にあたる小さな流れが大きく曲がる部分にできた山里の小広い河原が松上げの場所であった。真ん中に大笠を頂いた松が立てられ回りには腰の丈ほどの多くの松明が立てられていた。

9時頃、松上げが開始された。小さな松明をクルクル回しその勢いで大笠に投げ込む。なかなか入らないがそのうちにいくつかが大笠に入り火が点いた。すると回りから大きな歓声があがった。夜空を焦がす大きな松明が辺りを明るく照らす。何度も何度も松明が投げ上げられた。そして松明がなくなるころ柱松が引き倒され松上げは終わりを告げた。

花脊の松上げはホームページアルバムでどうぞ。



b0199522_17192739.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2011-08-19 17:20 | 祭り | Comments(0)
木曽の夏祭り
7月もいろいろありました。電気は余っていたようでなんのための節電がよく分からなかったけど。おかげで水曜休土曜出勤となり一年待った祭りの撮影にも行けずじまい。それでもなんとか7月は一度だけ木曽へ行って来ました。

木曽の夏祭りはホームページアルバムからどうぞ。


b0199522_21421674.jpg

須原 鹿嶋神社






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2011-07-31 21:42 | 祭り | Comments(0)
椎名誠 ニッポン ありやまあ お祭り紀行 春夏編 を買う
椎名さんは1944年生まれだそうだから御歳67歳になられる。
あ~やっぱり昭和軽薄体も今や昔なのか。

2008年に連載文を単行本として発刊し今年の4月に改めて文庫として発刊された。
4月に買いそびれその後見あたらずメール案内を希望していたら先週you've got mail
したので直ちに購入した。でもでも ありゃまあ 到着したのは第1刷でした。
一体この1ヶ月の空白はなんだったのか謎である。

おかしな祭り、ヘンな祭りをテーマに各地の祭を取材して回り 星5つ☆☆☆☆で ありゃまあ度 を評価している。この本は春夏編で12話から構成されており600円なのにとても上質な紙が使われいて写真もふんだん文章も相変わらず軽くて肩も凝らずヒマな日曜日にゴロゴロしながら読むには最適であった。

ワタクシ的にはこの本、ありゃまあ度は☆☆☆★★。次回の秋冬編に期待といったところである。



b0199522_2148733.jpg

佐渡の○○○○祭りの写真だそうです









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2011-05-29 21:51 | 祭り | Comments(2)
忘れた頃にホームページ更新・・・
あまり気が進まないのだけどホームページ更新です。
どうしてかというと撮影ガイドに使われるのがイヤだから・・・
最近、祭の撮影が流行っているかどうかしらないけれど
マナーの悪いカメラマンに辟易している。

ホームページアルバムに1月から3月分までまとめて掲載してみました。どうぞ。



b0199522_0474999.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2011-04-09 00:49 | 祭り | Comments(2)



わらってかわせみ
by quiet-one
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
逝く夏を惜しんで 五山の送り..
at 2017-08-17 18:52
逝く夏を惜しんで 五山の送り..
at 2017-08-17 18:46
マクロレンズ買ってみたものの..
at 2017-08-13 18:43
暑いです 連れってもらいまし..
at 2017-08-11 15:31
アップさぼりまくり(笑)
at 2017-08-10 17:45
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
最新のコメント
どうも! 小沢へ行った..
by わらってかわせみ at 23:01
境では久しぶりにお会いで..
by Makoto T at 00:41
この日は下川苔との情報を..
by 本人 山の獅子専門 at 16:08
私も行きたかったのですが..
by Makoto T at 12:51
こちらこそご無沙汰です。..
by 本人 at 14:44
ご無沙汰してます。 確..
by Makoto T at 00:21
えっ?! ご本人様だった..
by わらってかわせみ at 09:19
元気ですよ!
by mura at 14:16
中井精也カメラマンのパク..
by わらってかわせみ at 01:36
この光は美味しいですね。..
by 真野フレンズ特急 at 22:07
お気に入り
フォロー中のブログ
Good三Good三Go...
shindoのブログ
検索
カテゴリ
全体
祭り
神事
神楽
獅子舞
舞楽
歳時記
おでかけ

和菓子
日々の出来事
写真
念仏
風景
年中行事
仏教行事
人形芝居
図書
CD
買い物
スイフトスポーツ
電車
ニャンコ先生
珈琲自家焙煎
撮影
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧