ちょっとだけマノフレ・・・真野恵里菜コンサート『DATE』へ行く

土曜日に雨の西麻布ならぬ雨の渋谷公会堂へ真野ちゃんコンサートを見に行きサイリウム(ケミライト)を振りまくってきた。

へ~アイドルの追っかけもやっていたの?と言われそうだがそんなことはない。
何かとお世話になっている熱狂的マノフレのNittaさんにご招待頂いた。
待ち合わせの渋谷公会堂に着くとNittaさんにチケットと赤いサイリウムを渡され目が点になった。
ワタシが振るの・・・?しかしコンサートが始まるやとてもではないがライトなしではやってられないことが分かり感謝することとなった。

オープニングでは真野ちゃん、歌舞伎者みたいな風流なコスチュームをまとい登場しビートの効いた曲で飛ばしまくった。
その後、コントありお芝居ありで得意の弾き語りもあってあっという間の2時間であった。
真野ちゃんといえばテレ東の深夜キラキラアフロの後のハロプロで見かけるくらいであったので乙女の祈りくらいしか分からなかったが(汗)。

高音部も声が細くなることもなくなかなか真野ちゃん歌が上手。
しかしファンというかマノフレは凄かった。なんとその正体はオタク・・・。赤いTシャツを着て初めから終わりまでスタンディングのままライトを振りながら叫びまくっていた。そして恐ろしいことに平均年齢が真野ちゃんの年の倍ぐらいな集団。あと20年もしたらマノフレもいなくなるというウワサももっともである。

真野ちゃんの曲の世界は思春期のようだがマノフレはその年齢差を埋られる何かを持っているようだ。オタクといえばAKB48が定番と連想しがちだがそっちへ行けないアイドルといえば清純派というオタクがこっちに来ているのだろうか。真野ちゃん彼らの壺に見事にはまったといえるのだろう。

そして1回目が終わりフレッシュネスバーガーで休憩の後、今度は2回目のチケット、それも一階席を渡される。大丈夫か~、熱狂的なオタクの中で2時間耐えられるか・・・。
隣はすぐ座り込んでしまう虚弱体質の双眼鏡オタク、さらにその隣はLEDライトを振りまくり声出しっぱなしの目が怖いオタク。ちょっと怯んでしまった(汗)。まあコッチも負けずにライトを振りまくってず~っとスタンディングで楽しんでいたが(笑)。さすが声はかけられなかった。

昔、朝日新聞の記事で浜崎あゆみは神のメッセージをファンに伝える現代の卑弥呼だと評していた。
さて真野ちゃん、ワタシ的には、さしずめ天鈿女命(アメノウズメ)はないかと。そしてマノフレは八百万のオタク神。天野岩戸の前で楽しげに歌い踊りまくる真野ちゃん天鈿女命を囃し立てるマノフレオタク神。そうだ真野ちゃんのステージは神楽世界だったんだ!オープニングの衣装もアメノウズメを暗示していたのではないか。そしてワタシはその不思議な光景をそっとのぞき見て楽しんでいた下界の人間であった。

ということで雨の渋谷の夜も更けていった。

真野ちゃん、雨女とか。ほらアメノウズメと韻をふんでいるよ。







b0199522_2392396.jpg







b0199522_2393641.jpg

今日は 奈良 卒川神社の 三枝祭り
別名 ゆりまつり 近くなら行きたかったなあ
このカレンダーはネガで撮影した
ゆりまつりのおねーさん
そうとう昔の写真です



ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
Commented by Nitta at 2012-06-18 21:55 x
ユニークな分析のレビュー、面白く拝読しました。
的を獲てますね。
48集団は集団芸ですから、一人で2時間何かする実績は歌に関し
て無いでしょう。 真野ちゃん、一人で2時間突っ走りますからね。
一日に2時間X2回+リハーサル=6時間、踊り歌いっぱなし。
それだけのパワフルさを持ち合わせたアイドルは、真野ちゃんだけでしょう。
集団アイドルは個人の個性も希薄な世界で、ファンも個性は
希薄なのだと思います。集団内で闘わせることをを売りにしているから、ファンの間でも諍いが多いでしょう、多分。
Commented by わらってかわせみ at 2012-06-18 23:06 x
先日はお世話になりました。
AKB48がメジャ-でハロプロが押され気味?という
構図はさほど気にしてません。
ファンとしてどっちが好きかということですから。
アイドルは数ではないこっちには歴史があるといってましたね(笑)。
そのなかでもピンでステージが出来たアイドルは数少なかったですね。
真野ちゃん大したものです。トークも美味いですし。
それに一人で午後から2ステージこなすなんて真野ちゃん若いな~と
思いました。
その元気を分けてもらったような気がしました。
ありがとうございました。
by quiet-one | 2012-06-17 23:12 | おでかけ | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31