京都で頂いた和菓子

せっかく京都へ行くのだからと和菓子屋さんに予約を入れておいた。
その折、1月も終わるというのに以外や以外に菱葩餅があるというので
お願いした。後は”きんとん”と”薯蕷饅頭”を。

菱葩餅(ひしはなびらもち)はまだ食べたことがない。
現在の菱葩は純然たる和菓子であるがそのルーツは平安時代の宮中での新年の”歯固めの儀式”に食べたあるいはかじった押鮎と赤い菱餅を載せた鏡餅に由来する。
やがて時代を経て鮎はごぼうとなり味噌餡と紅色の菱餅とともに丸い薄餅で包んだ菓子となったとか。
明治時代に裏千家が初釜での菓子として使うことを許され、その後各地の和菓子屋でも調製されるようになった。ということは現在頂くことの出来る”はなびらもち”はこれがルーツかもしれない。




b0199522_1175579.jpg

餅の食感が絶妙でごぼうや味噌餡がその味を強く
主張することなく調和のとれた味となっていた




b0199522_1181037.jpg

”きんとん”
福寿草をかたどっているのかも
中は白あんで色彩的にも美しく
美味しいきんとんであった




b0199522_1182133.jpg

”薯蕷饅頭”
へ~”じょうよ”ってこんなにおいしかったんだ
というくらい皮のモチモチ感がたまらないつぶし
のあんをしろあんで包んだ”薯蕷饅頭”だった




b0199522_1183459.jpg

今回は旅茶碗を持っていったので美味しい
うちにホテルで頂くことができた











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
Commented by Nitta at 2013-02-02 20:58 x
和菓子にゴボウとは、由来を知らないと“変わった”和菓子って
なりそうですね。不思議な味覚のように思いますが?
旅茶碗とは、風流ですね!
Commented by わらってかわせみ at 2013-02-04 06:48 x
近年では全国区の正月のお菓子のようです。
東京でも製造販売されているようですが。
地方の裏千家のかたの要望でしょうかね。
味はお店によって違うと思いますが今回いただいたものは
いわゆる和菓子の味で上品でした。
旅茶碗、クルマだから持って行けるような気もします(笑)。
by quiet-one | 2013-02-01 01:19 | 和菓子 | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31