人気ブログランキング |

エラーの出始めたハードディスク(HDD)の交換を行う

【HDDが動作不良・・・】
ウインドウズを起動させるとデータ用のHDDのディスクチェックがが勝手に始まってしまうようになった。
しまいにはBIOS画面が表示されHDD backup snd repair の警告が出るようになってしまった。

crystaldiskinfo(フリーソフト)のお世話になると 異常 の表示。
・大体処理済のセクター数
・代替処理保留中のセクター数

がしき値を超えているとか。
動作時間も13075時間の表示。
通常HDDの動作寿命の目安は10000時間といわれている。
言い換えれば5年くらいの使用年数か?
立ち上げ時にHDDから大きな音も出始めた。

【HDDの交換を・・・】
ということで
WD BLUE 4TB (WD40EZRZ) 8980円を購入。
現在のところ3Tよりも4Tのほうがお買い得となっていた。
3Tも4Tも壊れるときは一緒だと思ったり(笑)。

不調のHDDは日立製の1TB品。どうやら2009年に購入したものらしい。
結構古い(汗)。

まずは新しいWD 4T HDDへデータをバックアップ。
USB3接続の外付けHDDケースを使用した。
通常のコピーコマンドでコピーしたが不良セクタのファイルが読み出せず
やたらつっかえる。その都度手動でスキップさせた。
前もって chkdsk /r を実行させておいたんだけど完全には修復できなかったようである。
調べたら不良セクタをスキップしてコピーする有料ソフトもあるようだ。
無料のは制限あり。

次に古いHDDを取り外し新しいWDと交換しHDDにパーテションを切った。
改めてコントロールパネルからシステムイメージのバックアップを取った。


ということで動作が10000時間を超えたHDDは要注意です。

b0199522_16531101.jpg
画像は購入したamazxoから借用
¥8980でした




最近の写真活動は


からお願いいたします。

by quiet-one | 2019-06-08 16:57 | PC | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30