2018年 03月 09日 ( 2 )

流し雛神事 下鴨神社

俵の形の流し雛が見たくて出かけてきた。
ワタクシ的には早く行ったつもりだけど
いいポジションはすでに多分地元カメラマンで
埋め尽くされていた(笑)。

祭主さん、宮司さん、十二単のお二人さん、舞妓さん・・・
いろいろな方がお雛さんを流された。

人形を流して難を祓う・・・見た目の華やかさとはうらはらの
ちょっとミステリアスな行事であった。



b0199522_18242987.jpg





b0199522_18242602.jpg




b0199522_18243071.jpg















ほっとフォトコンテスト





[PR]
by quiet-one | 2018-03-09 18:35 | 歳時記 | Comments(0)
常用しているニッコール・ 24-120mm f/4G ED VRが壊れた!
ファインダーを覗いていてなんかブレるなと思っていた。
年のせいかな?と思ったけどVR(手振れ低減)が動いてなかった(汗)。

キャノンの24-105mmのように新型になる気配もないので買うより安いだろうと修理へ。
7年間主力で使ったから壊れてもしたないのかな?
年数を考えると新型を買いたかったような気もするけど。

修理に出している間のレンズどうする?
ということで前から気になっていた
TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)
を買ってしまった。

いわゆる高倍率ズーム。
性能と利便性がトレードオフなレンズだ。
さらにカカクコムで調べると45480円と格安?になっていたので思わず購入。
在庫整理価格?ともとれるがニューモデルはCP+で発表表されず。
ちょっとだけ安心(笑)。

高倍率にしては予想外に写りがいいというレビューもあれば
やっぱ高倍率ズームはダメとというレビューもある。
そもそも高倍率ズームなのだから満足できるかどうかはユーザー次第ということで、。

使ってみたら・・・。
中央部の画質は結構シャープ。
周辺部はフルサイズなこともありやっぱり落ちる。
絞ってもそんなには改善されない。
解放だとちょっとマズイ・・・かな。

それでも
RAWデータをニコンキャプチャーで
・コントラスト
・アンシャープマスク
の調整すると全体的に締まってきて十分いけるレベルに・・・多分。

さらに歪みが気になるならライトルームにプロファイルがあった。

晴れた屋外なら特に問題なし。
京町屋の暗い室内での撮影ではAFが迷った。
開放f値が大きく暗いせいか。
発売後大分たつのでAF速度とVCの効きが少しもの足りない?

でもこれなら
NIKKOR 24-120mm f/4Gが修理から帰ってくるまで使えるかな~と
いったところでメデタクD610に付けっぱなし状態。

ちょっと気なるのは合焦のバラツキが大きいこと。
え~なんでここで外すのといった画像データが多い気が。






b0199522_17444795.jpg
45480円だったので十分に試したくなる値段でした









[PR]
by quiet-one | 2018-03-09 17:49 | 写真 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31