<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ようやく 久々に魂が揺さぶられた 新野の盆踊り ”神送り”の画像をアップした。
ちょっとおおげさかも(汗)、そのくらい感慨深かったのですよ。あたしも日本人なんだなあって。

和合から10時頃新野に移動し深夜0時を回る頃まで盆踊りの輪を眺めていた。
2006年の15日にも訪れておりとても懐かしい思いがした。
踊りの輪は夜通し途切れることはないのだが17日早朝の神送りに備えクルマで
仮眠を取らせて頂いた。


当日の画像はホームページアルバムからどうぞ。


新野の盆踊りは

お精霊さまを迎える
お精霊さまを慰める
お精霊さまを送る

という性格を持つらしい。

踊り手は音頭台と呼ばれる櫓を行列と半円からなる輪で取り囲み、太鼓や鉦の囃子がない歌に合わせて静かに踊られる。櫓には新盆の家から持ち寄られた切子燈籠が吊り下げられ、台に上った音頭取りが歌の上の句を歌う(音頭だし)と踊り手は歌の下の句を返しながら踊る。
踊りは七つ。
扇子を持つのが4つ、持たないものが3つ。

すくいさ 右回り 反時計方向 扇子を開いて右の親骨を持つ
高い山  左回り 時計方向  手踊り
音頭   左回り 時計方向  扇子を開いて要を持つ
十六   右回り 反時計方向 手踊り
おさま甚句左回り 時計方向  扇子を開いて要を持つ
おやま  左回り 時計方向  扇子を開いて右の親骨を持つ
能登   左回り 時計方向  手踊り

柳田國男により12あった踊りのうち、新野の特徴を残している七つを選び整理したとされている。
能登は”踊り神送りの式”のときのみ踊られる特別な手踊りである。
夜も明け始め日が斜めに差し始める5時頃、切子燈籠は櫓から降ろされ道に並べれる。踊りは続き6時頃、櫓の前の市神様の祠に向かい行者の先立ちで和讃を唱える。その後、切子灯篭を持った一行は南の”御太子様”へ行き御太子様和讃を唱える。6時半頃和讃が終わると来た道を戻り街の北にある瑞光院へ向かうが、行列が通ると踊りは終わりとなるので踊り手は輪になり行く手を阻む。お精霊さまを返さないという気持ちもあるか。名残を惜しむいくつもの踊りの輪が行く手に出来るが行列は次々と通り抜け踊りは終わりを告げる。行列は30分ほどかかって街のはずれに着いた。さらに踊りの輪に阻まれながらも瑞光院に到着し、切子灯篭は潰されて積み上げられた。行者によって引導を渡された後、焚かれお精霊さまは送られた。これで神送りは終わり。後ろを振り返らないように、一行は秋歌を歌いながら家々に戻っていた。

神仏混合の残った盆踊り本来の姿に出会え、いつかまた訪れたいと思った。
そうそう扇子も買い忘れたし。。。

参考資料;扇子売り場でいただいたパンフレット。





b0199522_1143827.jpg

この後、眠かったので仮眠をとりました


b0199522_1143138.jpg

深夜のお絵かきです



b0199522_11433749.jpg

神送りの朝
きれいなお姉さんが踊ってました
ミス新野かも?



ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  





[PR]
by quiet-one | 2010-08-28 11:51 | Comments(8)
夏休み明けの昨日からまた会社へ避暑、いやお仕事(汗)。
しかし今年は暑すぎます。熱中症でバタバタいっても不思議ではない。
さては自然淘汰が始まったか?

8/15日は足助から新野に移動したが夜まですることがなくてホント困った。道の駅でワケもなくブラブラしたり・・・。新野の盆踊りは夜の10時くらいからが本番なのでそれまで和合の念仏踊りを見ていた。落石注意の凸凹な悪路を辿り6時頃和合に到着。始まる8時まで昼寝?をして過ごした。始まりが近づくにつれクルマが三々五々やってくる。京都ナンバーとかやって来るとマジ~かと思うが当方のクルマが奈良の山の奥へ行くと地元の人に結構ウケるのと同じか。

和合には2006、2007と出かけているようである。
自分のホームページを見て確認した(汗)。
写真もアップしてあるのでホームページアルバムを見てね、と。

とはいうものの今年のバージョンも被らないようにちょっとだけブログに載せてきます。



b0199522_0115557.jpg

大家さん宅での念仏踊り




b0199522_012556.jpg

当日の大家さん宅




b0199522_0121548.jpg


お気に入りの”ヒッチキ”です








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-08-25 00:05 | 念仏 | Comments(2)
綾渡の里は足助から細く急な道を5kmほど上がったところにあった。
突然の夕立で念仏は遅れ、始まる頃には辺りはとっぷり暗闇に包まれていた。
平勝寺境内での鉦も笛太鼓もない肉声だけの静かな念仏であった。

国指定重要無形民俗文化財

豊田市綾渡町(旧足助町)平勝寺
8月10日と15日
午後7時頃~    夜念仏
午後8時30分頃~ 盆 踊
午後10時頃    終 了


参道    道音頭
石仏前   辻回向
山門前   門開き 
観音堂前  観音様回向 
神明宮前  神回向 
本道前   仏回向


当日の画像はホームページアルバムからどうぞ。




b0199522_23212227.jpg





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-08-23 23:23 | 念仏 | Comments(2)
14日から夏休みに入ったので

15日 綾渡の夜念仏
16日 和合の念仏
16~17日 新野の盆踊り

へ行ってきた。

15日は足助に宿をとり、16日は徹夜のためクルマのなかで仮眠。以外とハード(笑)。
標高の高いところで夜ばかりの撮影であったため暑さは凌げたが昼間は茹だるような暑さ。なんてたってあの暑さでしかニュースにならない多治見が近い(汗)。マックもスタバもないところ(アタリマエです)なので何もすることがない昼間は実に暇つぶしに困った。


とりあえず足助の街をIXY片手にぶらぶら↓

b0199522_1515511.jpg

有名なマンリン小路


b0199522_1515298.jpg

馬の蹄鉄が往時を偲ばせる


b0199522_1516229.jpg

実にアートです


b0199522_15161292.jpg

泊まった玉田屋旅館


b0199522_15154457.jpg

お昼ご飯 鮎の塩焼きと鮎飯


b0199522_15155218.jpg

二匹で900円です











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-08-19 15:26 | 日々の出来事 | Comments(2)

リニューアルです!

いらっしゃいませ(笑)

DIONのブログ彷徨写真生活からのお付き合いの方はお久しぶりです。

エキサイトの方には初めましてです。


以前のブログも残してありますので
興味のある方はどうぞ。




b0199522_1717667.jpg


2010/08/17 明野ヒマワリ畑

すでに盛りは過ぎていますが三遠南信での撮影の帰りに
ヒマだったのでちょっこし寄ってみました。






ホームページアルバムへ
このブログのトップへ

以前のブログトップへ  
[PR]
by quiet-one | 2010-08-18 17:21 | 日々の出来事 | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31