<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

先週の土曜日に
富士山本宮浅間大社 http://www.fuji-hongu.or.jp/sengen/
で行われた”ふじの山献茶式・観月祭”へ行ってきた。

神社のホームページによると
”煎茶道黄檗弘風流の献茶式です。富士山頂上奥宮にお供えされた茶壺の口切りの儀を行います。境内では月見の茶席が設けられ煎茶が振る舞われます。また、神楽「豊栄舞」、舞楽「納曽利」を演奏します。 ”
とあった。

よし納曽利を見に行こうと富士山の北側をぐるっと回って富士宮へ。


浅間大社について巫女さんに聞いたら

5時  献茶式
6時  茶席
6時半 神楽「豊栄舞」、舞楽「納曽利」

ええっ!まだ4時じゃん。早すぎた・・・。
ということで付近を探検。お宮の前におかげ横町ならぬお宮横町というのがあって富士宮焼きそばのお店が並んでいた。お土産用のパック3食700円を購入。さらに御みくじ餅というお店を発見!でも機械を入れ替えているので休業とのこと。どんな餅だか気になる・・・次回のお楽しみか。

さあ舞楽と拝殿に上がらせて頂くと、進行役の神官さんが今日はお月見で舞人が足らずひとりで納曽利を舞います。音も録音です。だって。
え~遠路はるばるやってきたのに無慈悲な・・・。大体ひとり納曽利は落蹲じゃないのか?ほんとに違うの?とツイッター状態。
その分、美しい巫女さんのご奉仕による素晴らしい豊栄舞に癒された。いっそのこと巫女さんの直面の納曽利でよかったんじゃないかと思ったり。


b0199522_20571873.jpg



b0199522_20591494.jpg


納曽利じゃんぷ












ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-27 20:59 | 舞楽 | Comments(2)
天気予報がいい方にはずれ見事な仲秋。万一を想定して傘とレインコートまで準備して出かけたんだけど(汗)。それにしても今日の雨はここまで降らなくても、というくらい降った。そして前線は大陸から秋の冷たい大気を運んできた。そろそろ秋の撮影の準備かな。



b0199522_18491435.jpg


仲秋の管弦祭
神社の境内で至福のひとときを過ごさせて頂いた





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-23 18:51 | 神楽 | Comments(2)

大宮八幡宮 舞楽

昨日19日(日)は大宮八幡宮秋の大祭~舞楽を見に行った。西永福という東京の人間でないと馴染みのないところにあり京王井の頭線という短い路線で行くことになる。西永福下車徒歩15分といったところである。
氏子奉幣祭での舞楽奉納と続いて神楽殿での舞楽が行われた。
拝殿で蘭陵王、神楽殿では蘭陵王と延喜楽。あまり舞楽ファンは来ないみたいなので撮影は楽です。
この日は高麗神社でも舞楽があったし。



b0199522_1823123.jpg

ご存じ蘭陵王




ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-20 18:03 | 舞楽 | Comments(2)
18日の土曜日は早朝に人里の獅子舞五社神社参り、午後は下川苔(下川乗)の獅子舞の南郷神社参りを見に行った。

人里(へんぼり)の五社神社は一度来るとクセになる不思議な神社だ。標高500mの人里からおよそ200m登った山腹に座する。神社に来ると気持ちがとても清々しくなる。一種のパワースポットかも知れない。ここで神事を行い獅子舞を一番舞って山を下る。そして夕刻から元小学校の校庭で夜更けまで獅子が狂う。

下川苔(下川乗)は昨年に引き続き2度目。3時くらいから南郷神社に登るので人里から移動して3時間以上の待ちとなった。神社で藤掛かりが舞われ神社下の江戸時代に建てられた民家の庭先で獅子舞。ここの獅子舞は祭の雰囲気があって好きである。この後、集会所に戻り今年は六番舞われる予定と聞いた。あたしはここで終了。K保さんにプレッシャーをかけられる前に撤収し明日に備えた。

獅子舞マイスターのK保さんやS水さんの顔はなかったがひょっとして夜の部に来たかも。K保さんは今年からD3S2台体制、S水さんはD3と獅子舞もいい写真を撮るにはお金がかかるらしい。K保さん曰く高いカメラのほうがいい写真だ、買えるものなら買って見ろ!とのこと。確かに間違ってはいないけど買えないよな~。もちろんレンズはクリナノか?

その代わり人里に着くとすでにカメラを2台頸から下げ大きなザックを背負って海兵隊みたいなカメラマンMakoto Tさんであった。挨拶されて気が付いた。なんでも朝7時半についていたとか。とても熱心である。獅子舞に来ると癒される、と実にピュアなかたである。わあたしなんか獅子見るとどっちかいうと興奮するもな~。狂え~焦らせ~って。



b0199522_17112720.jpg

人里

b0199522_17114079.jpg

下川乗










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-20 17:11 | Comments(0)

川野のおばあちゃん

川野のおばあちゃん
先週の川野の獅子舞の時、出会った。
獅子舞の接待のため神社へ行ったら鍵が掛かっていたので鍵を取りに下りてきたとのこと。



b0199522_043011.jpg



b0199522_044122.jpg

鍵が開いてよかった! 獅子舞を待ち受けています

b0199522_044994.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-18 00:06 | 獅子舞 | Comments(0)
5日の数河獅子の後、タダになった平湯トンネルを抜け松本方面に向かうがせっかくなので気にかけていた唐沢の名店、水舎へ寄った。幹線道路からかなり山へ入ったところで営業していた。
3時と遅いお昼になったので客は誰もいなかった。おしながきオススメの粗挽きそば蕎麦か十割そばを頼もうとしたら粗挽きは売り切れですとのこと。ということで十割そばと天ぷらを頼んだ。
わざわざ蕎麦を遠方まで食べに行くほどのグルメではないが撮影と組み合わせることはよくある。ちょっとしたお楽しみである。 

b0199522_043979.jpg

並盛りでもけっこう量がありました


b0199522_051122.jpg

米油で揚げてあるので衣がカリッとしてます


b0199522_0508.jpg

こんな感じです









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-16 00:08 | | Comments(0)

数河獅子画像アップです

数河獅子画像アップです
4日の加茂神社の稚児舞の後、富山で1泊し岐阜県飛騨市古川町で行われる数河獅子を見てきた。帰りの時間の都合で松尾白山神社での曲獅子一番のみの見学であったがなかなか見事な獅子舞であった。

当日の画像はホームページアルバムからどうぞ。

帰りは社会実験で無料となった平湯トンネルを通り松本へ抜けての帰宅となった。



b0199522_025818.jpg


毎日新聞旅行のカメラマンご一行様です
前日の加茂神社にも来ていました
この手のツアーはちょっと問題があるのでは・・・
以前、フィールドでの写真教室と称する団体は
みんなの迷惑という共通認識があったように
神事は撮影会でjはありません










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-15 00:29 | 獅子舞 | Comments(2)

週末は西多摩の獅子舞へ

今シーズンは西多摩の獅子舞をまったく撮っていない!

土曜日の早朝に人里(地名;へんぼり)の獅子舞へ行ったら来週とのこと、ゲ~ッ。
日曜日は6時起きで奥多摩川野の獅子舞へ行った。いつもより右足に力を入れて現地の駐車場に着いたら朝強そうなS水さんがすでにウロウロしており一安心。但し山の上の神社までの道行はないとのこと。祭りの簡略化か?この先中止にならないことをただただ祈るだけである。川野の獅子舞二番を撮影後、山越えで檜原村数馬へ。九頭龍神社へ着くと多くのカメラマンが集結していた。いるわいるは一癖も二癖もありそうな獅子舞カメラマンが・・・。早速、何人かにご挨拶。クライマックスの太刀掛かりが始まる頃に雨が降り出したが何とか最後まで行われた。何ってたって九頭龍神社は雨乞いの神社だから。

何とか撮れ高をかせいでホッとする。泣く子も黙る獅子舞カメラマンのK保さんにいいのが撮れたか?とプレッシャをかけられたのでハッタリをかまし撮れたと答えたら、年賀状で一番良いのを送るようにといわれる。正月早々自信をなくすといけないので5番目くらいのを送ることにする。


b0199522_235228.jpg

川野の獅子舞


b0199522_2353660.jpg

数馬の獅子舞










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-13 23:06 | 獅子舞 | Comments(0)
9月4日撮影の加茂神社の稚児舞 画像アップです。



当日の画像はホームページアルバムからどうぞ。





b0199522_12315393.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-11 12:34 | 舞楽 | Comments(0)

加茂神社の稚児舞

連日の猛暑の中、練行の一行は汗だくでとても大変な様子が見て取れた。。降ろしてはいかん、という声がする。京都の祇園祭の長刀鉾の稚児が精進潔斎し穢れを嫌い地面に足を付かないことを思い出した。お父さん頑張って!であった。


加茂神社の稚児舞
国指定無形民俗文化財
加茂神社 射水市加茂中部630
9月4日 毎年同日
時間 14:00~17:00

加茂神社の秋の大祭に五穀豊穣を感謝して奉納される稚児舞で京都の下賀茂神社より伝えられたとされている。地元では祭り囃子の音から転じて「カットンド」と呼ばれている。小学校4年生の男児4人が選ばれ大稚児2人、小稚児2人として奉仕する。
13時頃稚児さんが父親の肩車に担がれ地区を練行し途中の御小休み所で接待を受ける。
14時頃神社に到着し神事の後、稚児舞が奉納される。

鉾の舞 小稚児2人舞。宮廷舞楽の振鉾に当たる。
林歌   4人舞。一番短い舞。
小奈曽利 小稚児2人舞。双竜舞?。
賀古の舞 大稚児2人舞。弓矢を持ち悪魔退散の舞。
天の舞     大稚児1人舞。加茂神社独特の舞。
胡蝶舞 4人舞。童舞の胡蝶に当たる。
大奈曽利 大稚児2人舞。
蛭子舞 大稚児2人舞。神事舞。釣り竿を持ち鯛を釣る。=恵比須?
陪臚   4人舞。楯と太刀を持ち舞楽の陪臚に由来する。



b0199522_0131783.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2010-09-10 00:13 | 祭り | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31