人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

去年は春秋ともパスした明治神宮舞楽だったので直面の四人舞2つで撮影的には あ~ とか え~ だったが出かけることにした。このところ舞楽撮影はご無沙汰なので修行的撮影となった。そろそろ美人の納曽利が撮りたいなあ~。

演目は

振鉾 承和楽 仁和楽 長慶子

拝殿前に設けられた高舞台で演じられた。

今回のテーマは 新緑の舞楽 か。


b0199522_19211662.jpg





b0199522_19213423.jpg





b0199522_19212647.jpg





b0199522_19214215.jpg





b0199522_1921691.jpg








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-30 19:19 | 舞楽 | Comments(0)

黒田人形浄瑠璃

黒田人形浄瑠璃
伊那谷は人形芝居の宝庫であった。かつては29もの座を数えたとの記録があるが江戸時代には幕府の禁止令を受け、明治になっても政府の制約が続きほとんどの座が下火になってしまった。それでも人々の尽力により黒田、今田、早稲田そして古田の四座が現存している。
今春訪れた下黒田諏訪神社の例祭で行われた奉納定期公演は天保年間に建てられたテコの原理を巧みに使った亀甲梁を架けることで横八間に柱のない広い間口を可能とした形舞台で行われた。まるでタイムスリップして往事の人形浄瑠璃の様を見ているような幻想的な春の宵であった。

宵宮の外題は

寿式三番叟
傾城阿波の鳴門 
増補忠臣蔵

画像はホームページアルバムでどうぞ



b0199522_16114529.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-29 16:14 | 人形芝居 | Comments(0)
今年の冬は長かった。五穀豊穣を祈る春祭りが寒波の襲来で
文字通り名のみの春祭りとなった。

親沢の集落は小海駅からおよそ10kmほど山間に入ったところにある。
諏訪神社の春の例祭で川原の獅子舞と親沢の人形三番叟が奉納された。
親沢人形の三番叟は千代(千歳)と大神宮(翁)と尉(三番叟)から構成されており三番叟の後段で黒尉面を付けて舞われる。親沢の特徴は千歳と翁が一人遣い、三番叟のみ二人遣いであることと、かしらの構造が「偃歯棒式」である点にある。えんばほうとは鯨のヒゲである。このえんば棒を操って人形をうなずかせる。継承は人形遣いを七年間務めた後、親方として弟子の指導を七年間行い、さらに監督としての”おじっつぁ”を七年間務めることで行われている。


ホームページアルバムに画像アップです。




b0199522_23151464.jpg









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-27 23:16 | 神事 | Comments(0)

どこ?・・・

自粛してませんm(_ _)m。。。。
黒田人形芝居を見に行ってきました。





b0199522_211213100.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-14 21:12 | Comments(0)
なぜだか飯田はきんつばが有名である。昨年、天龍村へ行くおり飯田市内に立ち寄り和泉庄さんで購入した。今回はいとうやさん。なんでも岸朝子さんの著書”五つ星の手みやげ”にも掲載されている逸品らしい。確かに甘さ控えめで美味しかった。




b0199522_102225.jpg


大変美味しゅうございます。






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-14 01:01 | Comments(0)

にゃっとうを食す・・・

震災以来納豆を食べたことがなかった。最近ようやくスーパーで見かけるようになったがかなりの品薄状態。そんななか”にゃっとう”を発見!思わず買う。しかしこの納豆、熊本産。う~んそこまで来たか・・・。首都圏で熊本納豆とは。平常時では考えられない物流である。値段は3パックで148円。高い~。とても懐かしい味がしたがカラシは付いてなくタレも甘めであった。早くカラシの効いた水戸納豆が食べたいナ。


b0199522_22291578.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-12 22:30 | | Comments(2)
あまり気が進まないのだけどホームページ更新です。
どうしてかというと撮影ガイドに使われるのがイヤだから・・・
最近、祭の撮影が流行っているかどうかしらないけれど
マナーの悪いカメラマンに辟易している。

ホームページアルバムに1月から3月分までまとめて掲載してみました。どうぞ。



b0199522_0474999.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-09 00:49 | 祭り | Comments(2)
”先日、(今年は4月10日の予定)天津司の幹部・保存会で協議しまして、今年は神 事のみ実施し祭典は中止が決定いたしました” とのご連絡を頂いた。予定していただけに残念である。

でも 自粛 か 自粛は自粛 かは当事者が決めることで回りもそれを尊重すべきであろう。
ご心痛察します。来年の天津司の舞、期待してますヨ。






b0199522_21421259.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-05 21:43 | 祭り | Comments(2)
自粛ブームのなか”親沢人形三番叟”はどうなのか?
情報が取れずいささか不安ではあったが出かけてしまった。

親沢につくとすぐ関係者の方に遭遇。あ~一安心。

とりあえず1枚。




b0199522_2394334.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-03 23:10 | Comments(2)

芳治軒の ”はねず”

大和郡山の お城祭り へ行こうかと思ったら ここも自粛でお目当ての行事は中止。自治体の関わるイベントはかなり中止や縮小されているようだ。例えば今年の信玄公祭りは中止である。観光行事の祭りはいたしかたないが神事の祭りでさえ自粛という声を聞くとなにもそこまで、と思ったり。知恩院の元祖法然上人800年大遠忌法要も秋まで延期とか。このような時期だからこそ神仏に祈りを捧げ加護を願うことが大事なのではと、大した信仰心もないのに思ったりして。なんでも自粛は納得できない。人が集まればモノや義援金も集まると思うのだが。

ということで急遽、そうだ京都へ行こう、AC~♪ではなくJR東海・・・で、随心院のはねず踊りを見に行くことにした。撮影そのものは昨年行っているので今年は連れもあり愛らしい踊りを楽しむことにした。

そして帰りに気になっていたこの時期限定の和菓子、芳治軒の”はねず”を求めた。な、なんと最後の残り5つの購入に成功。お店の方も 皮がもちもちしてますよ~というとおり皮に特徴がある。確かに元材料には寒天、米粉などモチモチしそうな素材の表示がある。ホテルにチェックインしてすぐに実際食べてみても皮に独特の弾力が感じられ上品な甘さのつぶし餡と相まって美味しかった。また食べたくなる和菓子のひとつとなった。


b0199522_23222561.jpg



b0199522_23223692.jpg



b0199522_23224359.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2011-04-01 23:24 | 和菓子 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30