<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

沼田の湯立ては湯釜の薪の火が唯一の光でありほの暗い闇の中で行われ神秘的である。
ただ撮影となると暗すぎて昨年はやむなくストロボを弱く焚いてしまった。
何とか自然の光で撮れないものかと今年は50mm1.4でがんばってみたが惨敗であった。
ISO6400f1.4 1/30でやっとであり1/30では獅子は当然動くので被写体ブレの連発とAFが暗すぎてうまく動作しなかった。
マニュアルフォーカスでも試したがデジタルのフォーカシングスクリーンは素通しに近く暗い中ではピントの山が掴めずピンボケ。
ということで後半は内蔵のストロボをやむなく使ってしまった。来年手を変えて再チャレンジか。

b0199522_2375031.jpg

ストロボなし


b0199522_2375854.jpg

クライマックスの湯立て
ストロボあり







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-31 23:09 | 獅子舞 | Comments(2)
なんのことか分からないって?
これが観たくて夜支布山口神社 秋祭り へ行って来た。
奈良には不思議な所作をおこなう神事が数多く残っており折に触れ興味を惹かれている。

ワタシにしては今回の奈良行きは気合いが入っていて奈良市街に入る前に、名阪国道から山添ICで下りて柳生の里を訪れ明日の祭りの事前情報の収集を行った。神社へ、公民館へ、そして当屋のお宅までおじゃまして当日のことを教えて頂いた。NHKも来ると教えられ、当日NHKのディレクターに放送予定日を聞いたら11月30日とのこと。どんな番組か内容は不明だが要チェックである。


b0199522_21544758.jpg

ガクニンがハナガイをつけてガクウチをおこなっています









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-25 21:55 | 神事 | Comments(2)
スイフトスポーツといえばじっくり乗っているヒマがなくて単なる移動手段の実用車そのものである(笑)。
慣らし運転中というか各部摺り合わせ中でゆっくり走っているのでスポーツ度もよく分からない(汗)。
エンジンを4000回転以上せ回せるようになってコーナーを攻めるまでスポーツ度チェックはおあずけである。

そうはいっても旧型(ZA31S)から乗り換えて気づいたことと言えば

○な点は・・・
・クラッチが軽い。機構が変わったようだ。
・ミッションのシフトが軽くなった。旧型はかなり重くてよいしょという感じ。
・ステアリングにテレスコ機構。ドライビングポジションが合わせやすくなった。
・座面が低くなった。調べると25mm低くなったとか。
・小物入れがかなり増えて便利になった。旧型はないに等しかった。
・ドリンクホルダーの充実。ペットボトルもドアポケットに収納できる。・
・MTなのにオートクルーズ装備。これが意外と便利で高速道路が楽である。但し上限105km/hであるが。
シフト、ブレーキで解除される。
・ウインカーを軽く触ると3回フラッシング。これで好感度上がるかも(笑)。
・フューエルリッドの裏側にキャップホルダー。さらに給油口の下部にU字のポタ落ち受け皿。セルフ給油派のワタシは大助かり。
・6MTのせいか可変吸気のせいか燃費がよくなった。

Xな点は
・相変わらず掴みにくい車両感覚。もう少しフィットあたりを見習った方がいいと思うのだが。
・マニュアルなのにフットレストがないばかりか左足を置くスペースが狭すぎる。
・乗り降りがしずらくなった、ドアの開口部が狭い?。この辺りもフィットと較べたくなる。
・シートはやはり旧型のレカロに軍配が上がる。腰痛があるので敏感に分かる(笑)。
・ドア軽くなった?閉めるときの音がチープになった。
・相変わらず操作しにくいエアコンスイッチ。とてもブラインドタッチできず面倒。
担当出てこい!というレベルである。
・サイドエアバッグが省かれた。旧型スイスポにも新型欧州仕様にも装備されているのに。コストと安全をはかりにかけるなってこと?



とても残念な点は・・・
ブレーキが標準車と一緒。どう見てもローターが13インチ。旧型は前後15インチと信頼度抜群だったのだが。200km/h出るクルマなのにこれでいいのか?ブレーキパッド交換は早急に必須かも。

まあ新型スイスポ生活2週間目としてはこんな感想ですね。


それにしても最近ようやく普通のスイフトとスイフトスポーツが見分けられるようになりました 進歩です。

 



b0199522_6462076.jpg

459円なので買ってみました スイフトスポーツのことは
今だによく知らないので大変勉強になります 買いたい人も
買ったひとも参考書としてオススメです  勉強になります
そうだったのか と思うことと がっかりする  こととか
最近の自動車雑誌ってタイムの計測とかしないようですなあ
もう少し旧型からと比較して進化の度合いをアピールしたら

    





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-24 06:47 | スイフトスポーツ | Comments(2)
関東では見たことのない太鼓台について調べてみたらやはりというか関西・瀬戸内に分布しており奈良あたりが東限であると。担ぐ形態から一見神輿に見えるが担ぐ山車ではないかと思える。本来神輿はご神体が乗るのに対し太鼓台は子供や太鼓の打ち手が乗り屋根に当たる部分には何段かの布団が重ねてあり神が座す寄代であるかと。太鼓台を担いで錬り歩いたり揺すたり差し上げたりするので神輿に見えるのだろう。ということで太鼓台は神輿と山車のハイブリッドでした。



b0199522_2314771.jpg

龍田神社秋祭り宵宮の翌日夜支布山口神社秋祭りでも
太鼓台が出た神輿といっていたが本来の神輿は別に2基
出御して神社から御旅所までの練りで担がれていた。









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-21 23:02 | 祭り | Comments(2)
先週末の休みに奈良へ行った。
今回の奈良は日曜日に行われる夜支布山口神社の秋祭りである。
土曜日は何も予定がなかったがせっかくだからどこかで宵宮でもやってないかと探してみたら宿から近い龍田神社の秋祭り宵宮を発見。
龍田神社といえば法隆寺建立の際の鎮守社として勧請された由緒ある神社である。
龍田神社では宵宮に太鼓台巡行が行われるとのこと。
関西では太鼓台とか布団御輿とか呼ばれポピュラーらしいのだが関東の人間にしてみればとても不思議な御輿である。関東ではお目にかかったことがない。
ご神体は祭られておらず太鼓台の屋根の部分が布団で出来ており神さんの寄代となっている。
そして子供と太鼓が台に乗ってそれを大人が担ぐ次第である。
提灯には龍田東部とあり帰ってきてから龍田東部さんの立派なホームページを見つけた。
そ~か、だから2名の腕章をつけた女子カメラマンが太鼓台巡行を激写していたんだ。
それにしても朝4時半起きで出かけてきて宿に戻ったのが夜10時というのは体力的に無謀すぎて風呂に入ったらすぐに寝てしまった。




b0199522_1494082.jpg







b0199522_1495420.jpg






b0199522_1501212.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-19 01:50 | 祭り | Comments(2)
いやあ~驚きましたね。
奈良まで往復1000km走って18km/Lとは。
1.6リットルの排気量で別に省エネタイプのエンジンでもないのに。
旧型はせいぜいよくて16km/Lでした。、
まあ”慣らし”ということで高速道路は制限速度に抑えたという理由もありますが(笑)。
新型の高速燃費がいいのはやはり6MTだからだとと思いますね。
100kmでも約2600rpmですから。



b0199522_0535214.jpg


新型で採用された6MT
日に一度は6速から5速にシフトダウンの時
3速にシフトミスをしてしまいます
バックも大変です
ノブの下のフリンジを引き上げてから
バックギアにいれます
早く慣れないと(笑)









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-17 00:56 | スイフトスポーツ | Comments(2)

ちょっと遠出

まあこんな感じです。
馴らし運転って必要なの?
という話をよく聞きますが
馴らし運転は今では死語かもしれません。
といっても組み上げられたばかりの機械モノですから
エンジンやミッションの回転部部分の摺りすり合わせの意味で
ワタシ的にはやりますね。1000kmくらいでいいかな?




b0199522_22211893.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-15 22:21 | スイフトスポーツ | Comments(2)

大安納車

10月8日の大安に納車されました。
へ~日にこだわるの?っていわれれば大事な物事は暦を見て決めるタイプです。



b0199522_20272021.jpg

これからのクルマ CBA-ZC32S
雨の大安だったので青空がありません
下の写真と同じ角度で今度取り直してきますw。
ただし崖を登らないといけませんが(汗)。





b0199522_20273982.jpg

いままでのクルマ CBA-ZC31S
下取りして頂きました。
当日雨だったので洗車して送り出せずに残念でした。


なんだ同じクルマか?
大してかわらじないじゃないかって。
いえいえスタイルはキープコンセプトでもクルマ好きにいわせればとても進化しておりベツモノです。
それはおいおい。


とりあえずご報告まで。




ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
by quiet-one | 2012-10-10 20:32 | スイフトスポーツ | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31