人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

松里へ柿を見に

ころ柿作りのための収穫が始まる前にまだ柿が木になっている風景が見たくて松里へ出かけてきた。
が、たわわに甲州百目柿がなっている風景は思ったほど期待出来なかった。
結果をいうところ柿作りのように吊るされてからのほうが絵になる、ということでした。

まあお散歩日和だったのでよしとしましょう。




b0199522_754916.jpg





b0199522_754521.jpg





b0199522_75527.jpg

ぶどう畑の紅葉



b0199522_755517.jpg

恵林寺の紅葉はまだ 
見頃は来週からかも









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-30 07:08 | おでかけ | Comments(0)
コスモスが咲き乱れる般若寺。週末は普段なら閉門の17:00からライトアップとコンサートが催された。
今回は山村流上方舞の奉納。

山村若女     浪花十二月
木村佳乃子    八千代獅子
山村若瑞     月の猩々
山村若女     木津川
舞のことはよく分からないワタシは女子大生の 佳乃子ちゃんが よかったかな(笑)。
日の落ちた夜の帳に包まれた般若寺は思いの外肌寒くちょっと寒さが身にしみた(汗)。
いまはもうあき般若寺です♪





b0199522_7292818.jpg




b0199522_7293614.jpg




b0199522_7294429.jpg






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-24 07:30 | 仏教行事 | Comments(0)
納車から2年経ち25000km走行のウチのZC32S。純正モンローショックが大分抜けてきた。そろそろ換え時か?祭りの撮影のため凸凹した田舎道をよく走り回るので車高はそうそう下げられない。しかしZC32S用のローダウン用の車高調整ショックはいくらでもあるが純正形状のものは見当たらない。

諦めてスズキ純正パーツの高~いモンローショックをつけるしかないかあ~と思っていた矢先アールズのノーマル形状ダンパーを発見!先月下旬に出たばかりでお値段はショックのみで75600円。お得かも・・・。渡りに舟とばかりにタイヤ交換に行ったついでに取り寄せてもらうことにした。

このショックの特徴についてはアールズのHPを見て頂くことにして
http://www.rsrs.jp/zc32s/suspension/streetsportdamper.html

純正のモンローとは違った乗り味だが素直な脚で違和感なく乗れるストリートショックといった感じ。乗り心地がよくて交換したぞ!という感じが少し薄いか。それでも満足してます。そんなに飛ばさないから、ホント。あえて言うならもう少し固い脚がよかったので調整式にしてくれていたら。ちょっと惜しかったかな。





b0199522_2243417.jpg


白いボディに赤いショック 

取り付けたメカニックさんによると
F10mm、R5mmアップしたとのこと
へたっていたんだろうなあ







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-21 22:45 | スイフトスポーツ | Comments(0)
18日は観音様の縁日で藤井寺の千手観音、道明寺の十一面観音のご開帳がある。
やっと土曜日が18日にあたったのでそれ行けとばかりに春の観心寺に続き河内詣でとなった。なんで18日が観音様の縁日なのか?といえば”三十日秘仏”という仏像カレンダーによるものらしい。たとえばお不動さんは28日とか。だから弘法さんの縁日は28日なのか?

東名阪もたいした渋滞もなく通過し怪しいクラウンをゆっくり抜いたら覆面だった名阪国道からばったくりの西名阪の藤井寺インターで流出。藤井寺はどこクルマを駐車するのか?それは駅そばの市営駐車場に止めるしかない。迷路のような細い道なので初めて行かれる方はグーグルマップで確認したほうが無難である。大村昆のような愛想のいい駐車場のおっちゃんがテンポのよい関西弁でお寺への道すじを教えくれた。第一大阪人に遭遇だ。でもお昼なのでまずはランチ。当たりをつけておいた 志のぶ というお好み焼き屋さんに直行。昭和の大阪って感じの店内にいたく感激。お好み焼きも山芋リッチでもう最高。

おなかも膨れたところでいざ藤井寺。お~さすが縁日。多くの人で賑わう境内には露店もたくさん。拝観料500円を納め多くのたくさんの参拝客に混じって国宝千手観音さまにお会いした。写真では何度も見ているがリアルなお姿にやっとお会いできたと感激した。確かに千本ありそうな手が光背のように見える。脱乾漆像でては桐で出来ているとか。手が重いのか座像である。よくよく考えたら千手観音の座像も珍しい。

その後、クルマで5分ほどの野中寺へ。駐車場から観光バス出てきたろころで入れ違いになりよかったよかった。ややっ!10月18日~11月18日は身代わり様のお知らせが・・・あ~っと叫んだら係りの人が来年の話です、今日は大丈夫ですと慌て気味に教えてくれた。すみませんでした。いい大人がうろたえて。拝観料は500円。金銅造の弥勒菩薩半跏思惟像は本堂の裏手の建物の一室の厨子に納められていた。小振りの菩薩像は半跏思惟の仕草が美しく下から見上げるとさらに見事であった。写真よりリアルなお姿のほうがより素晴らしかった。何故18日にご開帳なのかは定かではないが。ここにはお染久松の墓があった。それに渡来人の姿をした石像もあって野中寺って実はすごいお寺であった。おすすめのお寺です。拝観料も300円だし。

最後は道明寺。道明寺天満宮と道明寺は隣り合わせだが同じ敷地ではない。天満宮と言えば菅原道真。なぜ道明寺にには菅原道真公自ら彫ったと伝えられる国宝十一面漢音が祀られているのか。それは明治の神仏分離令によるものらしい。どうも神仏分離令が日本人の神と仏の関わりを分かりにくくしている感じ。拝観料は500円。本堂の奥の厨子の中にお立ちの観音様。思ったより小振りだったが彫りの立った均整のとれたお姿であった。

井寺・野中寺・道明寺はまさに河内のゴールデントライアングルであった。



b0199522_21082752.jpg



ホームページアルバム
ブログトップ
以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-20 21:09 | 仏教行事 | Comments(0)
先週末の一番くじ初日ぼ運試しはF賞こばち2つ(苦笑)。1週間後の今日再挑戦してきた。
いつもの書店に行くとくじは残っているものの目ぼしい賞品はなく、わずかにB賞乙女時計が1本と小物がちらほら。
今回は打ち止めにするかと思って店を出たけど、店長らしき人のあと9枚です、が気にかかり駐車場から引き返して大人買い。
もう待っていてもこれ以上くじは減らない、誰がが全部引き取るしかない状態と判断したので。。
ラストワン賞頂いて参りました。






b0199522_6573679.jpg

ラストワン賞がゲット出来たのでよしとしましょう










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-09 07:01 | ニャンコ先生 | Comments(0)
いったいこれは何の呪文でしょう。コーヒー業者かマニアにしか分かりません(笑)。
ということはワタシはマニアなのか?あ~自家焙煎にすっかりはまってるからな~。
気になる人はネットで調べてみてください。

先週トミオフクダDOTを購入した早川コーヒーさんのランキングではエチオピア イルガチェフ G1が人気ナンバーワンとか。
へ~モカなのか。モカというと酸味の強いイメージがある。久しぶりにモカもいいなと思い見ていたらと色々なイルガチェフがあるらしい。

今回はアマゾンを使わずに5種類のイルガチェフがあるワイルドコーヒーさんから購入してみた。
ポイントはナチュラルか?ウオッシュドも選べたが水洗してない味の濃い感じのするナチュラルを選択。
おまけにニュークロップだしとても良い豆の予感。
シロウトなので少量500g購入。メール便で送ってもらえたので送料負担も205円とごくわずか。

早速開封して100gほど嵐の来る前に焙煎。なにしろベランダ焙煎なので雨の日は休業です。
じっくり乾燥させ2ハゼの終了付近で火から下ろす。いわゆるシティローストだ。

ついでに来週の豆としてマンデリンカロシーを80g焙煎。これもシティロースト。あははは Coffee of the weekといったところ。
味を見極めるにはミディアムローストのほうが分りやすそうだが好みでついシティロースト(笑)。




b0199522_7233265.jpg


b0199522_7233922.jpg


b0199522_7234585.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-07 07:24 | 珈琲自家焙煎 | Comments(0)
長かった3週間。メーカー欠品のスイフトスポーツ専用?不思議サイズのヨコハマSドライブ195/45R17がようやく入荷したとの電話。
すぐにタイヤショップに行って交換してもらう。違いは走り始めてすぐに分かった。スリップサインの出たポテンザRE050Aは使用限界を超えたただのダメタイヤであった。ブレーキの踏み始めのフィーリングの悪さも解消された。ポテンザより下のグレードのSドライブだが交換したらとても具合がよい。今の私には性能より経済性ですからSドライブで十分です。ZC31Sの時も最後のタイヤはSドライブでしたから。
RE11なんてハイグリップも使ったけど値段が堪らなかった(汗)。あれはあれでよかったけれど街乗りではタイヤが勝ち過ぎていた。
絶対的なグリップは落ちるものの十分かつ快適性では当然上である。最近は街乗り中心だし。山のないRE50Aタイヤは山道で十分練習になったし(笑)。まるで70タイヤの頃のステアリングワークみたいだった(笑)。
それにしてもFFはフロントタイヤが命だと改めて知らされた。ニュータイヤでこんなにドライビングが変わるとは目からウロコ状態であった。



b0199522_22433632.jpg

山があるタイヤのありがたみがしみじみとわかりました









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-05 22:44 | スイフトスポーツ | Comments(0)
過日、テレビ東京の未来世紀ジパング 世界コーヒー争奪戦という番組で日系2世のトミオフクダさんが取り上げられていた。
見てたらなんだかとても美味しそうな気がしてきたので早速生豆を購入。生豆のネット購入は初めてで不安はあったが早川コーヒーさんというお店が小売りをアマゾンでやあっているのを発見。決済も楽なので500g注文となった。速い・・・翌々日に到着。北海道からなので陸便なら最速である。真空パックでGreenBeansの文字がちょっとうれしい。確かに豆はグリーンで新鮮そう。100g計って焙煎開始。いつもより遠火で蒸らしと乾燥を丁寧に行う。2ハゼの後少し押してシティローストで止めた。好みから言えばフルシティなのだが味の個性をかくにんするため浅く焙煎してみた。
少し風邪きみなので香りが分からず念のため家の者と一緒にテイスティング。酸味は少なくコクも適度にあり甘いとといえば甘いマイルドで上品な味わい。これがDOT、ドライオンツリーがなせる技か。いい意味で万人向けのコーヒー。

といっても酸味と苦味がバランスよく立つ強めのコーヒーが好きなワタシ。別に気になる豆を見つけたので今週はそれを購入してみようと思う。何かってそれはヒミツです(笑)。







b0199522_7155685.jpg

真空パックで脱酸素剤?入りで
丁寧なパッケージ
これだけでもお店の信用できました



b0199522_715591.jpg

豆もいい感じなのでピッキングしないで焙煎開始





b0199522_716032.jpg

光線が強すぎてミディアムっぽいが2ハゼまで行っています







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
by quiet-one | 2014-10-01 07:19 | 珈琲自家焙煎 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30