ま四角な写真
S95は1:1の設定が出来る。RAWデータは4:3のフル画素記録で残っているが。真四角な写真はなかなかオシャレ。でもそれを入れる額が見つからず困っていた。ところが5月に寺町通りの額縁やのワゴンセールで500円でゲット!一生懸命選んでいたらオバサンに何時までやってるの?と聞かれる。店員と間違えられたのだ。先々週も錦小路でお店のおねーさんに料理やさんでしたっけ?と小声で聞かれた。いや~とりあえずサラリーマンですよ。


b0199522_1424478.jpg


四角い写真もオシャレでしょ?
手前味噌か(汗)。








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-07-02 14:03 | 写真 | Comments(2)
富士山本宮浅間大社 雅楽・舞楽の夕べ

”今回の演目は「三管 胡飲酒 序 破」「神楽 浦安の舞」「舞楽 陵王」です。”とそ~か舞楽が2つもあるのか、とよく読まずに出かけてしまった(汗)。胡飲酒はそのとおり音のみでした。


b0199522_0481674.jpg

三管 胡飲酒 序 破

b0199522_0482431.jpg

浦安の舞

b0199522_0483249.jpg

蘭陵王





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-06-28 00:50 | Comments(2)
京のお土産
さよならETC休日1000円割 京都の旅 のシメはお土産・・・
6月といえば初夏、錦で夏の走りの加茂ナスを買った。
そして和菓子も忘れずに・・・



b0199522_22304671.jpg


久々に 夕ばえ を買った



b0199522_22281252.jpg


いつものきんとんも忘れずに



ホームページアルバム




ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-06-24 22:31 | 和菓子 | Comments(0)
せっかく水無月の京都へ行ったのだから紫陽花でも・・・
宿は京都駅の南側の九条にとったので観光スポットとはほど遠い。
チェックインした後、外に出たのは御池高倉に夕ご飯を食べにいっただけ(汗)。
翌朝、京都に行ったのだから少しは観光でもしなくてはいかんと某所での紫陽花撮影となった。



b0199522_2114231.jpg


b0199522_21261.jpg


b0199522_2122877.jpg


b0199522_2124099.jpg





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-06-23 21:03 | Comments(0)
御田植祭のあとは京都でティータイム
御田植祭のあとは京都でティータイム
熱田神宮での御田神社御田植祭の後、宿をとってある京都へと向かった。撮影が終わってホッとしたのもつかの間、高速道路で4km程度の渋滞に2度ほどはまってしまった。それでも何とか京都東インターに1時半頃到着。やれやれである。なんてったって2時に菓子を予約しておいたかものだから(汗)。今回はマイ旅茶碗を持参しており、ホテルでほっこりティータイムと洒落込む魂胆であった(笑)。


b0199522_22355169.jpg

抹茶も現地調達(笑)
時候がら新茶の抹茶を買った

b0199522_22353654.jpg

七変化(きんとん)

b0199522_22361413.jpg

蛍(くず)

b0199522_22363425.jpg

鉄扇(ういろう)













ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-06-22 22:37 | 和菓子 | Comments(0)
熱田の杜のフェアリーテイル
ETC休日1000円割引も惜しまれつつ19日で終了となるということで、それならば京都へと訳もなく上洛することとなった。ただそれだけではつまらないのでどこかに祭りはないのかと探し探し求めたところ、ありました熱田神宮に御田神社御田植祭が。たしか独特の化粧をした巫女の早乙女による田舞が舞われると聞いている。さらに毎年同日催行なので滅多にお目にかかれない。

これは寄るしかないと朝4時起きで熱田神宮へ向かってクルマを走らせた。やはり1000円終了のせいか早朝なのにクルマが多い。

しかし小牧JCTで雨がパラパラやって来た。こりゃマズイと思いながら熱田神宮の駐車場に着いたとたんに雨足が強まった。なんともいえない脱力感に襲われた。物事万事思い通りに行くとは思わないがここまでしなくてもと天を見上げた。
9時半頃小雨になったので祈祷殿へ向かうとやはり御田神社前での神事は中止、祈祷殿で執り行うとのこと。写真的にはゲームセットである。だだの見学者として田舞を拝見することになった。

神事は神官により祈祷殿の奥で行われたので遠くからその様子を見守ることとなった。田舞は祈祷殿の車寄せに当たる正面入り口で行われ幸運なことに目の前で拝することなった。

4人の緋袴の巫女さんが担う早乙女たちは濃いめの化粧と芙蓉の花飾りを差した不思議な出で立ちで軽やかに舞った。あたかも稲が無事育つようにと穀霊が田の上を飛び交うように。

梅雨空に思いがけず不思議の杜のフェアリーテイルに出会ってしまった。


御田神社御田植祭の写真はアルバムでどうぞ。




b0199522_221113.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-06-21 22:02 | 神事 | Comments(2)
椎名誠 ニッポン ありやまあ お祭り紀行 春夏編 を買う
椎名さんは1944年生まれだそうだから御歳67歳になられる。
あ~やっぱり昭和軽薄体も今や昔なのか。

2008年に連載文を単行本として発刊し今年の4月に改めて文庫として発刊された。
4月に買いそびれその後見あたらずメール案内を希望していたら先週you've got mail
したので直ちに購入した。でもでも ありゃまあ 到着したのは第1刷でした。
一体この1ヶ月の空白はなんだったのか謎である。

おかしな祭り、ヘンな祭りをテーマに各地の祭を取材して回り 星5つ☆☆☆☆で ありゃまあ度 を評価している。この本は春夏編で12話から構成されており600円なのにとても上質な紙が使われいて写真もふんだん文章も相変わらず軽くて肩も凝らずヒマな日曜日にゴロゴロしながら読むには最適であった。

ワタクシ的にはこの本、ありゃまあ度は☆☆☆★★。次回の秋冬編に期待といったところである。



b0199522_2148733.jpg

佐渡の○○○○祭りの写真だそうです









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-05-29 21:51 | 祭り | Comments(2)
当麻寺 聖衆来迎供養会式 練供養 画像アップ
5月14日に当麻寺では聖衆来迎供養会式が行なわれる。一般にはお練りまたは練り供養と呼ばれており以前は中将姫の中将姫が生身往生したという旧暦の三月十四日に行われていた。

今年は土曜日に当ったので大混雑覚悟で出かけてきた。お世辞にもいいとはいえないポジションからの撮影となったが臨場感はでたのではと思う。
当日の画像はホームページアルバムからどうぞ

当麻の里に生まれ幼少期をここで過ごした恵心僧都源信が始めたとされ、阿弥陀如来に率いられた観音菩薩、勢至菩薩を始めとする二十五菩薩が中将姫を来迎し極楽浄土へ導く様を再現した儀式である。

東の楼門近くの姿婆堂と本堂の曼荼羅堂の間に緩く下ってゆくおよそ110mの来迎橋が架けられ、仮面を付けた二十五菩薩と守護者の天童に扮した一行が曼荼羅堂から姿婆堂へ来迎し、中将姫を迎え西方浄土である曼荼羅堂へ戻って行く。

観音菩薩、勢至菩薩そして普賢菩薩の練りが二十五菩薩来迎の核心となる。

観音役は娑婆堂で中将尼を表す仏像を蓮台に載せ、腰を少し落として半円を描くように仏像を左右の肩の上まで振り上げる所作を繰り返しながらゆっくりと曼荼羅堂へ向かってゆく。勢至役も合掌したまま観音に体をねじりながら続いて行く。


4時に本堂を出た一行が娑婆堂から戻ってきたのは5時。西に傾いた夕日はまだまだ二上山の上にあり沈むには早すぎたが西方浄土から阿弥陀如来が来迎するという浄土信仰の一端に触れたような気がした貴重な仏教儀式であった。



b0199522_23201478.jpg

逆光のなか二上山をバックに浄土である
本堂から来迎橋を娑婆堂へ向かう勢至菩薩










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-05-19 23:22 | Comments(2)
京のお土産
京都高島屋の地下にある京の生和菓子のコーナーは実に危険である。奈良・京都帰りの最終日に買い物へ出かけたついでに必ず覗く。運がいいと期間限定の生菓子が並でたり。今回も運がいいというのか悪いというのか道喜さんの”若草”が待っていた。おこしやすって。店員さんにカモに見えたのかいきなり勧められる。若草自体はは運がいいのだが値段が運が悪かったのだ。5個入りで3360円!おいそれと買える値段ではない・・・ショーウインドウの前で5分くらいしばし熟考。変な客。和菓子バカとしてはここで買なきゃ根性なしと言われそうなので京都名物清水の舞台から飛び降りる精神で”若草下さい!”と店員さんに思わず言ってしまった。あ~店員さんの思う壺。

でもでも帰ってから頂いてみると値段を忘れるほど見事な作りと味わいであった。幸せ感で頭上にたくさん花が咲きました。



b0199522_21395696.jpg

若草


b0199522_21401137.jpg

5個入りの箱


b0199522_21404073.jpg

定番のきんとん 




ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-05-17 21:43 | Comments(2)
熱田神宮 神輿渡御神事
名古屋高速はぼったくりか、と思いつつ小牧JCTから名古屋市街に入り熱田神宮最寄りの堀田ICで高速を下りる。この区間なんと1000円もとられてしまったのだ。後で知ったことだが新しい高速(線高速2号東山線)が開通しておりこっちから入れば少しは安かったのかもしれない。

当日の朝、ビジネスホテルの食堂へに行くと5台のトースターがずらっと並んでおりその傍らには大量の食パンがどんと置いてあった。さすが名古屋どこかが違う。コーヒーとトーストのほんとに簡単な朝食を済ませた後、目と鼻の先の神宮の駐車場に車を移動させた。

三種の神器のひとつ草薙の剣の故事にちなんで行われる神輿渡御だがようやく みつるぎ とは草薙の剣だと気が付いた。ちょっと遅すぎか。およそ100名の奉仕者一同が拝殿前で修祓の儀を済ませた後、神輿は拝殿を出発し南へ延びる参道を下っていった。鳥居をくぐり右に曲がり神宮の外周に沿って行列は進み西門に設けられた青と白の幕で囲まれた仮屋に到着した。ここで神事が行われた後、重ね着のそれぞれの色が織りなすコーディネーションの美しい巫女さんによる 神楽 みつるぎ が舞われた。花を手にした4人の巫女さんが輪を描いて舞うと美しい大輪の花が咲き辺りは清々しい雰囲気に包まれていった。儀式が終わると一行はまたもと来た道で拝殿に戻り神輿渡御は終わった。


当日の画像はホームページアルバム からどうぞ



b0199522_08457.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-05-13 00:08 | Comments(2)
定勝寺 お花まつり へ行った
木曽 大桑村 定勝寺 お花まつり へ行った
まだ祭りにそれほど興味がなかった頃、NHKの小さな旅で定勝寺のお花まつりの放送があった。それを見ていつか行ってみたいと思った。水舟の点在する須原の町並みに面した中山道を子供たちが白い象を曳いて歩く場面の印象が強く残っていた。

今年は震災に配慮して一時は中止となったが28日付けの大桑村のホームページに改めて載った情報からは中止の文字は消えていた。役場に問い合わせると規模を縮小して行うとのこと。諦めていただけに大急ぎで出かける計画を立て直した。5日の熱田神宮の神輿渡御と合わせれば1泊2日の小旅行になる。よしこれで行くこうと慌てて名古屋の宿を手配した。
4日は通い慣れた国道361号で権兵衛峠トンネルを抜け上松町へ。さらに大桑村までは10kmほど木曽川に沿って下る。カメラを下げて定勝寺へ向かうとすでに白い象さんが誕生仏の前に佇んでいた。狩野派の象さんっぽいというとちょっと褒めすぎか。

花祭りの法要の後にばねそおどりが披露され、いよいよ白象行列が始まった。子供たちに曳かれた白象が須原宿を練り歩く。木曽の谷間の月遅れの花祭りはのどかそのものであった。



当日の画像はホームページアルバム からどうぞ。



b0199522_6515738.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-05-11 06:52 | 仏教行事 | Comments(2)
小泉大日堂お開帳大法会 二十五菩薩来迎会
4/17に”30年に一度”の殺し文句に負けて想定外のお出かけをしてしまった(汗)。

上田市の小泉大日堂では三十年に一度、両界の大日如来のご開帳がある。それにあわせて平原の十念寺の二十五菩薩来迎会が大日堂を極楽浄土に見立てて行われてきた。二十五菩薩来迎会といえば奈良の当麻寺が有名であるが、久米寺、京都の泉涌寺でも毎年行われている。東京においても世田谷の九体寺で三年に一度行われている。しかし十念寺の二十五菩薩来迎会は不定期なのでめったに見れるものではない。さらにお練りの形態や面と装束に地方色が加わり独自の特徴を持つ他とは違う貴重な法要であった。


当日の画像はアルバムからどうぞ。



b0199522_2116312.jpg


獅子舞も奉納されました











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-05-10 21:16 | 仏教行事 | Comments(2)
明治神宮 春の大祭 舞楽 奉納 2011
去年は春秋ともパスした明治神宮舞楽だったので直面の四人舞2つで撮影的には あ~ とか え~ だったが出かけることにした。このところ舞楽撮影はご無沙汰なので修行的撮影となった。そろそろ美人の納曽利が撮りたいなあ~。

演目は

振鉾 承和楽 仁和楽 長慶子

拝殿前に設けられた高舞台で演じられた。

今回のテーマは 新緑の舞楽 か。


b0199522_19211662.jpg





b0199522_19213423.jpg





b0199522_19212647.jpg





b0199522_19214215.jpg





b0199522_1921691.jpg








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-30 19:19 | 舞楽 | Comments(0)
黒田人形浄瑠璃
黒田人形浄瑠璃
伊那谷は人形芝居の宝庫であった。かつては29もの座を数えたとの記録があるが江戸時代には幕府の禁止令を受け、明治になっても政府の制約が続きほとんどの座が下火になってしまった。それでも人々の尽力により黒田、今田、早稲田そして古田の四座が現存している。
今春訪れた下黒田諏訪神社の例祭で行われた奉納定期公演は天保年間に建てられたテコの原理を巧みに使った亀甲梁を架けることで横八間に柱のない広い間口を可能とした形舞台で行われた。まるでタイムスリップして往事の人形浄瑠璃の様を見ているような幻想的な春の宵であった。

宵宮の外題は

寿式三番叟
傾城阿波の鳴門 
増補忠臣蔵

画像はホームページアルバムでどうぞ



b0199522_16114529.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-29 16:14 | 人形芝居 | Comments(0)
親沢の人形三番叟 画像アップ
今年の冬は長かった。五穀豊穣を祈る春祭りが寒波の襲来で
文字通り名のみの春祭りとなった。

親沢の集落は小海駅からおよそ10kmほど山間に入ったところにある。
諏訪神社の春の例祭で川原の獅子舞と親沢の人形三番叟が奉納された。
親沢人形の三番叟は千代(千歳)と大神宮(翁)と尉(三番叟)から構成されており三番叟の後段で黒尉面を付けて舞われる。親沢の特徴は千歳と翁が一人遣い、三番叟のみ二人遣いであることと、かしらの構造が「偃歯棒式」である点にある。えんばほうとは鯨のヒゲである。このえんば棒を操って人形をうなずかせる。継承は人形遣いを七年間務めた後、親方として弟子の指導を七年間行い、さらに監督としての”おじっつぁ”を七年間務めることで行われている。


ホームページアルバムに画像アップです。




b0199522_23151464.jpg









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-27 23:16 | 神事 | Comments(0)
どこ?・・・
自粛してませんm(_ _)m。。。。
黒田人形芝居を見に行ってきました。





b0199522_211213100.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-14 21:12 | Comments(0)
いとうや の 大名きんつば 
なぜだか飯田はきんつばが有名である。昨年、天龍村へ行くおり飯田市内に立ち寄り和泉庄さんで購入した。今回はいとうやさん。なんでも岸朝子さんの著書”五つ星の手みやげ”にも掲載されている逸品らしい。確かに甘さ控えめで美味しかった。




b0199522_102225.jpg


大変美味しゅうございます。






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-14 01:01 | Comments(0)
にゃっとうを食す・・・
震災以来納豆を食べたことがなかった。最近ようやくスーパーで見かけるようになったがかなりの品薄状態。そんななか”にゃっとう”を発見!思わず買う。しかしこの納豆、熊本産。う~んそこまで来たか・・・。首都圏で熊本納豆とは。平常時では考えられない物流である。値段は3パックで148円。高い~。とても懐かしい味がしたがカラシは付いてなくタレも甘めであった。早くカラシの効いた水戸納豆が食べたいナ。


b0199522_22291578.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-12 22:30 | | Comments(2)
忘れた頃にホームページ更新・・・
あまり気が進まないのだけどホームページ更新です。
どうしてかというと撮影ガイドに使われるのがイヤだから・・・
最近、祭の撮影が流行っているかどうかしらないけれど
マナーの悪いカメラマンに辟易している。

ホームページアルバムに1月から3月分までまとめて掲載してみました。どうぞ。



b0199522_0474999.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-09 00:49 | 祭り | Comments(2)
今年の天津司の舞は・・・
”先日、(今年は4月10日の予定)天津司の幹部・保存会で協議しまして、今年は神 事のみ実施し祭典は中止が決定いたしました” とのご連絡を頂いた。予定していただけに残念である。

でも 自粛 か 自粛は自粛 かは当事者が決めることで回りもそれを尊重すべきであろう。
ご心痛察します。来年の天津司の舞、期待してますヨ。






b0199522_21421259.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-05 21:43 | 祭り | Comments(2)
親沢人形三番叟に行ってきた・・・
自粛ブームのなか”親沢人形三番叟”はどうなのか?
情報が取れずいささか不安ではあったが出かけてしまった。

親沢につくとすぐ関係者の方に遭遇。あ~一安心。

とりあえず1枚。




b0199522_2394334.jpg










ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-03 23:10 | Comments(2)
芳治軒の ”はねず”
大和郡山の お城祭り へ行こうかと思ったら ここも自粛でお目当ての行事は中止。自治体の関わるイベントはかなり中止や縮小されているようだ。例えば今年の信玄公祭りは中止である。観光行事の祭りはいたしかたないが神事の祭りでさえ自粛という声を聞くとなにもそこまで、と思ったり。知恩院の元祖法然上人800年大遠忌法要も秋まで延期とか。このような時期だからこそ神仏に祈りを捧げ加護を願うことが大事なのではと、大した信仰心もないのに思ったりして。なんでも自粛は納得できない。人が集まればモノや義援金も集まると思うのだが。

ということで急遽、そうだ京都へ行こう、AC~♪ではなくJR東海・・・で、随心院のはねず踊りを見に行くことにした。撮影そのものは昨年行っているので今年は連れもあり愛らしい踊りを楽しむことにした。

そして帰りに気になっていたこの時期限定の和菓子、芳治軒の”はねず”を求めた。な、なんと最後の残り5つの購入に成功。お店の方も 皮がもちもちしてますよ~というとおり皮に特徴がある。確かに元材料には寒天、米粉などモチモチしそうな素材の表示がある。ホテルにチェックインしてすぐに実際食べてみても皮に独特の弾力が感じられ上品な甘さのつぶし餡と相まって美味しかった。また食べたくなる和菓子のひとつとなった。


b0199522_23222561.jpg



b0199522_23223692.jpg



b0199522_23224359.jpg







ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-04-01 23:24 | 和菓子 | Comments(0)
奈良ホテルに泊まった・・・
会社からもらった永年勤続のJTB旅行券で半年前に奈良ホテルを予約しておいた。
という事情でガソリン給油制限が予想されるこのご時世にも関わらず出かけざるを得なかった。
知り合いに問い合わせたところ名古屋以西はガソリンが普通に給油できるようで一安心。
だが出がけの前夜の中央道、飯田~園原は雪で通行止め!当日も通過時は積雪がありスタッドレスタイヤでないと通行できない路面状態でありなかなか遠い奈良行きとなった。

さて奈良ホテル・・・奈良へ行き始めて随分経つが敷居が高くて泊まったことはおろか足を踏み入れたこともなかった。歴史あるホテルということで一度は、とは思っていたが宿泊費が高額なためかなわないでいた。





b0199522_2452549.jpg




どうだっかといえば、さすがといったところで外観も室内も木造のよさが生きたくつろぎの空間であった。奈良好きならば一度は泊まってみる価値が十分にあるホテルでした。







b0199522_2461075.jpg

馬酔木の咲く奈良ホテル

b0199522_2461969.jpg

高い格子天井の室内

b0199522_2463225.jpg

朝は定番の茶粥









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-03-31 02:50 | Comments(2)
ひかりは西へ・・・ローソク求めて西へ・・・
ひかりは西へ・・・いったいいつのコピーだろうか。古過ぎ。
いまでは新幹線も鹿児島まで行くようになった。

諸般の事情により奈良観光へ出かけてきた。ガソリンが給油できるかとても不安であったが知り合いにメールを書いていろいろ情報を頂きなんとか出かけることが出来た。しかし往路の阿知PAでは20リットル制限がかかっていた。やっぱりといったところ。

計画停電に備えローソクを探したが何処の店にもなく、真っ暗な部屋で解除されるまでじっと待つ日があった。しかし奈良の百均にたくさん並んでおりさすがお寺の街と感心して2箱購入。多分今年の夏は電力不足が深刻な状況になりそうなのでその分も・・・。暗いとお化けが出そうで恐い(汗)。



b0199522_1485311.jpg











ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-03-30 01:49 | Comments(2)
奇跡の食パン・・・
関東エリアの方なら分かるだろうが深刻なパン不足。先週、某奥三河の山中で偶然にも手に入れたライ麦ブレッドと食パンを食べきって以来、コンビニで菓子パン2個買えただけ。日本人がそんなにパン食だったとは知らなかった(汗)。
クルマも1週間乗ってないが燃料計はほとんどE(エンプティ)を示しており深刻な状況。ワタシの生活形態を知っている人なら分かるだろうがいざとなったらクルマが動かないと困るのだ。こっちでは給油に2時間待ちはアタリマエ、並んでいても運が悪ければ売り切れてしまう状況。それでもなんとかノーブランドのセルフで35分待って3000円だけ給油が出来た。スタンドのオジサンにどのくらい待った?と聞かれ3,40分と答えたらよかったね~朝は2時間待ちだったよ、といわれる。
こんな日常になってしまいました。多分、専業主婦やおじーちゃんおばーちゃん部隊が朝からスーパーに押し掛け何でも買ってしまうのではないだろうか?なんてたって戦中の物不足がトラウマになっているから(笑)。少しは共働き夫婦や一人ぐらしのサラリーマンにお恵みを。






b0199522_21132693.jpg

給油後、時々買いに行っている町のパン屋さんの
前を通ると、ややっ食パンらしきものを発見!!!
ダメもとでUターンしてパン屋へ駆け込む。
あったあ~棚にぽつんと食パンが3斤だけ。これは神様か仏様のおぼし召し!
6枚切りの食パン2斤購入、思わず天に感謝。パン屋さんにありがとう。









ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-03-19 21:14 | 日々の出来事 | Comments(2)
川野車人形画像アップ
東電の計画停電による列車運転見合わせで列車が止まる前に会社から帰宅。急に時間が出来たので久々にホームページを追加ようかと思ったけど連日異なる時間、異なるルートで出勤したせいか疲れが出て眠ってしまった(汗)。
ブログに公開しておきます。

川野人形子ども教室の小学生の熱演が素晴らしかった。
これで川野人形芝居の将来も明るい!


b0199522_20484389.jpg



b0199522_2049287.jpg



b0199522_20493492.jpg



b0199522_20522245.jpg



b0199522_20494189.jpg



b0199522_20495252.jpg



b0199522_2050170.jpg



最後列の斜め後ろから撮ったので無難な写真ばかり・・・
最後列でカメラマンが三脚立てて撮っていたけど場所ばかり取って
いかがなものかと思った。
テレ側200mmのズームなら手持ちで十分でしょう。





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-03-16 20:56 | 人形芝居 | Comments(2)
川野の車人形を見に行った・・・
1ヶ月ぶりの撮影となった。2月は一度も撮影に出かけなかったということは来年のカレンダーの2月に使う画像がないという危機的状況。それならば来年の2月の画像は昔撮ったとっておきの画像を使うか・・・何を使うかは来年のお楽しみです。
川野の車人形は3月5日毎年同日開催。そのため土曜日に当った今年は行かねばならぬ貴重な日となった。その割にはギリギリ到着でポジションの確保に遅れをとるという実に失態。いろいろ調べものがあり出発がおくれてしまったといい訳(汗)。。。
人形芝居には人形の操り方がくつか形態があるが川野は車人形である。じゃあハイブリッドもあるのか?ってそんなわけはない。
一人の黒子が箱の底面に車が設けられた箱いすに座って人形を操る。この辺りでは八王子の車人形が有名であり、近年笹子の人形芝居も復活し大月市民会館で最近公演があった。
私も伊那谷でいくつかの人形芝居をみているが普通テレビなどで見る一体の人形を複数名で操る文楽と同じ構成だった。
そんななんだかんだで車人形を見るのは今回が初めてで実に興味津々であった。
すでに常連らしきカメラマンは絶好?のポジションに三脚を立てスタンバイ状態。といってもVTR2名とデジカメ3名で一杯(汗)。ワタシはまあ何とかなりそうな斜め後ろのポジションを確保。
西多摩の獅子舞カメラマン新御三家と呼ばれる?お金とヒマを持てあましたS水カメラマンとフォトコンカメラマンのなんちゃらさんもそれぞれのベストな機材を並べ各馬ゲートイン完了。
さてオーソドックスで失敗のない安全なポジションから狙うか意外性に賭けてそれとは違うアングルで狙うか難しいところである。またまた遅れたいいわけ。



b0199522_23214430.jpg

「ロクロ車」と呼ばれる、前に2個、後に1個の車輪
がついた箱車に座って操る


b0199522_23215688.jpg

小学生も頑張ってました






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-03-07 23:28 | 歳時記 | Comments(2)
京都のお土産・・・和菓子
京都へよるといつも買い出し状態。だからクルマじゃないと持って帰ってこれません(笑)。
で、今回の和菓子。マニアならどこのお店か分りますね。

撮影は言い訳だがかなりいい加減。きちんと撮っているといつまで経っても食べられません(汗)。
カメラはS95。よく撮れるし重宝してます。そろそろスイーツの撮り方でも習おうかな。
機会があったらAEONでなくてArataON先生に教わろ~っと。

しかしS95、AWB結構、神経質ちょっとのことで同じ光源でもずれている。




b0199522_10483163.jpg

わらびもち
今回はこしあんが包んでありました



b0199522_10484289.jpg

羽二重



b0199522_10485668.jpg

うぐいすもち
白あんで新鮮な感じでした


b0199522_10491673.jpg

きんとん
ワタシのおきにいり
定番です





ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-02-19 10:52 | 和菓子 | Comments(0)
京町屋でランチ
奈良へ出かける前日の夜、雪の予報を気にかけながら支度をしていると電話が・・・
予約を入れておいたお店から従業員から急性胃腸炎が出たので営業を自粛したいと。
そ、そんな~なにをいまさらといってもしかたがない。急遽ダメもとで他の気になるお店に電話しなんとか予約を入れ直し、京都の知人にも予定変更、集合場所が変わったゾとメール。 
相変わらずやれやれである。

で、今回は新町通の百足屋。その昔祇園祭の鉾立の撮影に行った時、偶然見つけたお店でもある。建物は「うなぎの寝床」と言われる典型的な京町屋であり、料理のほうは京都の家庭料理である「おばんざい」をベースとした懐石を食べさせてくれる。久々に会った京都の知人とランチタイムの百足屋弁当頂きながら楽しい一時を過ごした。


b0199522_0544421.jpg






ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-02-17 00:56 | | Comments(2)
ふりかけ たまちゃん
「紳助プロデュース」内で放送した企画「めし友グランプリ」で近畿ブロック代表の和束「 お茶の佃煮 」は7位。11日雪の中、奈良へ行く途中で和束茶カフェに寄って購入していただけにちょっと残念。

http://www.tbs.co.jp/shinsuke-shachou/meshitomo/




b0199522_1451325.jpg

その代わりといってはなんですが
錦小路で たまちゃん 購入
これ安くて美味しいです!








ホームページアルバム
ブログトップ

以前のブログトップ  
[PR]
# by quiet-one | 2011-02-16 01:46 | | Comments(2)



わらってかわせみ
by quiet-one
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
葵、祭のあとで・・・グルニエ..
at 2018-05-18 18:51
スイフトスポーツ生活(52)..
at 2018-04-02 18:17
ZC32Sスイフトスポーツ生..
at 2018-03-25 20:55
ニッコール・ 24-120m..
at 2018-03-22 14:51
タムロン28-300mm (..
at 2018-03-11 22:02
ブログパーツ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
最新のコメント
どうも! 小沢へ行った..
by わらってかわせみ at 23:01
境では久しぶりにお会いで..
by Makoto T at 00:41
この日は下川苔との情報を..
by 本人 山の獅子専門 at 16:08
私も行きたかったのですが..
by Makoto T at 12:51
こちらこそご無沙汰です。..
by 本人 at 14:44
ご無沙汰してます。 確..
by Makoto T at 00:21
えっ?! ご本人様だった..
by わらってかわせみ at 09:19
元気ですよ!
by mura at 14:16
中井精也カメラマンのパク..
by わらってかわせみ at 01:36
この光は美味しいですね。..
by 真野フレンズ特急 at 22:07
お気に入り
フォロー中のブログ
Good三Good三Go...
shindoのブログ
検索
カテゴリ
全体
祭り
神事
神楽
獅子舞
舞楽
歳時記
おでかけ

和菓子
日々の出来事
写真
念仏
風景
年中行事
仏教行事
人形芝居
図書
CD
買い物
スイフトスポーツ
電車
ニャンコ先生
珈琲自家焙煎
撮影
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧